icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年5~6月、高所得者層の消費金額が増加、中低所得者層はこれから?【定点観測調査から振り返る】

2013年5~6月、高所得者層の消費金額が増加、中低所得者層はこれから?【定点観測調査から振り返る】

2013年5~6月、高所得者層の消費金額が増加、中低所得者層はこれから?【定点観測調査から振り返る】
このエントリーをはてなブックマークに追加
内閣府がまとめた景気ウォッチャー調査で、2~3カ月先の景況感を示す“先行き判断指数”が、約7年ぶりに過去最高を更新。金融緩和や財政政策などのアベノミクス効果によるものか、街角景気に明るい兆しがうかがえるニュースも見かけるようになりました。では、一般消費者の消費行動にも変化は表れているのでしょうか・・・?“財布の紐”の実態について、2013年5~6月に行った週次の定点調査から分析しました。
TOPICS
  • 2013年5~6月、一般消費者全体の消費金額は、昨年よりも減少
  • 消費金額、“高所得者層”は前年より増加、“中低所得者層”は前年と同水準
  • 「食事会・飲み会」にお金を掛ける人が、前年(2012年)よりも減少

2013年5~6月、一般消費者全体の消費金額は、昨年よりも減少

1週間あたりにモノやサービスに対して支払った消費金額12013年と2012年の56月で比較しました。今年の消費金額はほぼ前年と同じか、もしくはやや低くなっており、“一般消費者の消費が上向いている”とはまだ言えなさそうです。

1:家賃、公共料金等の月々の支払い金額を除く

1週間の個人消費金額 平均

1週間の個人消費金額 平均

出典:Macromill Weekly Index 「1週間の個人消費金額」より

消費金額、“高所得者層”は前年より増加、“中低所得者層”は前年と同水準

今年(2013年)と前年(2012年)の56月の、1週間あたりの消費金額を、高所得者層と中低所得者層2で比較しました。中低所得者層は前年とほぼ同じ水準になっていますが、高所得層は前年よりも増減の幅がはっきりと見られます。

5~6月の全週の消費金額の平均と比較すると、高所得者層は600円プラスになっているのに対して、中低所得者層は600円マイナスでした。

2:世帯年収が800万円未満=中低所得者層、800万円以上=高所得者層と定義

1週間の個人消費金額 平均(高所得者層と中低所得者層の比較)

1週間の個人消費金額 平均(高所得者層と中低所得者層の比較)

出典:Macromill Weekly Index 「1週間の個人消費金額」より

1週間の個人消費金額 5~6月の平均(高所得者層と、中低所得者層の比較)

1週間の個人消費金額 5~6月の平均(高所得者層と、中低所得者層の比較)

出典:Macromill Weekly Index 「最近1週間にモノやサービスに使ったお金の総額」より

「食事会・飲み会」にお金を掛ける人が、前年(2012年)よりも減少

「家族との外食」「食事会・飲み会」「洋服」「プレゼント・ギフト」の4カテゴリーについて、56月の買い物状況を比較しました。「家族との外食」への消費は昨年(2012年)とほぼ同水準で推移していますが、家族以外との「食事会・飲み会」 への消費は、前年に比べると低調であることが分かります。

1週間に消費したアイテム(5~6月の週平均)

1週間に消費したアイテム(5~6月の週平均)

出典:Macromill Weekly Index 1週間に買ったもの」より

アベノミクスによる景気回復が期待されている中、経団連がまとめた大手企業の2013年夏のボーナスの集計結果によると、前年比の伸び率が過去2番目の高さでした。また、今回のマクロミルの調査結果からも、『高所得者層の消費行動に、変化の兆しが見えてきた』と言えるかもしれません。

しかしこの時期、お中元に代表されるような「プレゼント・ギフト」への消費は未だ顕在化しておらず、アベノミクスの効果はまだ世の中全般の消費者までには行き届いていないようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成22年国勢調査による、性別×年代×エリアでの人口動態割付
  • ※当記事は、インターネット調査による週次の定点観測調査「Macromill Weekly Index」の調査結果を使用しています。
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
休暇・レジャー 平均値 社会 経済
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 2013年5~6月、高所得者層の消費金額が増加、中低所得者層はこれから?【定点観測調査から振り返る】

To Top