icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査レポートを
無料ダウンロード

【緊急調査】 2013年参院選の投票締切り直後から、有権者2,000人にアンケート。ネット選挙の投票行動への影響を探る

【緊急調査】 2013年参院選の投票締切り直後から、有権者2,000人にアンケート。ネット選挙の投票行動への影響を探る

【緊急調査】 2013年参院選の投票締切り直後から、有権者2,000人にアンケート。ネット選挙の投票行動への影響を探る
このエントリーをはてなブックマークに追加
全国の有権者2,000人を対象に、第23回参議院選挙(2013年7月4日公示、2013年7月21日投開票)に関する投票行動調査を実施しました。特に今回は、「投票しなかった人」の意識に焦点を当て、ネット選挙運動の解禁による影響などについて調査しました。
調査は、投票締切り直後の2013年7月21日(日)20時から7月22 日(月)8時まで。
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
TOPICS
  • 安倍政権政策への批判や不安は、投票に結びつかず
  • 棄権者の6割は投票の意思を持っていた
  • 公示後のインターネット情報の閲覧率は約3割で、公示前とほとんど変わらず
  • 若い人ほど投票先の判断にインターネット上の情報が影響

安倍政権政策への批判や不安は、投票に結びつかず

今回の参議院選挙に投票したか、という質問で、「投票しなかった(27%)」1と回答した人に注目します。

参議院選挙の投票日までの安倍内閣への支持状況と、選挙の投票状況の関係について確認しました。安倍内閣を「支持していた」と回答した人の棄権率は19%、一方で、「支持していなかった」「わからない」と回答した人の棄権率はそれぞれ26%、44%と高い結果となりました。安倍政権の政策に対する批判や不安が投票に結びつく、ということにはならなかったようです。

1:「政治に関するアンケート」と題したアンケートへの協力による結果。総務省発表の投票率とは異なる。

参議院選挙棄権者の、投票日までの安倍内閣の支持率

参議院選挙棄権者の、投票日までの安倍内閣の支持率

ベース:参議院選挙に投票しなかった人n=539

棄権者の6割は投票の意思を持っていた

棄権者に対して、“投票に行かなかった理由”を質問したところ、「投票に行こうと考えていたが、都合がつかなかった」28%、「投票に行こうと考えていたが、投票したい政党・候補者が見つからなかった」23%、「投票に行こうと考えていたが、投票しても結果に影響がない」10%となり、全体の61%は投票の意思を持っていたことがわかりました。

また、昨年末に行われた第46回衆議院選挙(20121216施行)で、(自民・公明以外の)その他の政党に投票した人の39%が、今回の選挙で「投票したい政党・候補者が見つからなかった」と回答しており、投票先に苦慮した様子がうかがえました。

2013年参議院選挙で投票しなかった理由

2013年参議院選挙で投票しなかった理由

ベース:参議院選挙に投票しなかった人n=539

公示後のインターネット情報の閲覧率は約3割で、公示前とほとんど変わらず

ネット選挙の解禁に伴い、公示後のインターネットによる情報発信が緩和されました。公示後に何かしらのインターネット上の政治情報を閲覧した人は33%で公示前の閲覧者31%と比べほとんど変化がありませんでした。

また棄権者は投票者に比べて閲覧率が低く、これらの情報に対する関心が低かったものと思われます。

公示前・公示後に閲覧したことがある政党・立候補者の情報

公示前・公示後に閲覧したことがある政党・立候補者の情報

ベース:全体(n=20,000

公示後に閲覧したことがある政党・立候補者の情報

公示後に閲覧したことがある政党・立候補者の情報

ベース:全体(n=20,000

若い人ほど投票先の判断にインターネット上の情報が影響

次に、投票者に対して、“投票先を選ぶ際の判断に影響を与えたインターネット上の情報”を複数回答で質問したところ、65%が「影響を与えたインターネット上の情報はない」と回答し、選挙への影響は限定的だったと考えられます。「政党・立候補者のホームページ・ブログ」や「政党・候補者のSNS 公式アカウント」などは、若年層ほど影響度が高くなる傾向が見られました。

インターネット上の情報が投票先を選ぶ際の判断に影響を与えた人の割合

ベース:全体(n=20,000

このエントリーをはてなブックマークに追加
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
他にもこんな調査結果があります!
掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目
  • 参議院選挙期間中に関心があった政治のテーマ
  • 選挙への関心や投票先の検討に、“ネット選挙運動の解禁”が役立ったと思うか
  • “ネット選挙運動の解禁”が、どのように役立ったか
  • 2013年7月21日の参議院選挙でどこに投票したか
  • 2012年12月に行われた衆議院選挙の投票状況
  • など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成22年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計2,000サンプル(内、参議院選挙投票棄権者539サンプル)
調査期間
2013年7月21日(日)20時~7月22日(月)8時
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
過去の調査レポート記事
このタグの他の記事を見る
社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 【緊急調査】 2013年参院選の投票締切り直後から、有権者2,000人にアンケート。ネット選挙の投票行動への影響を探る

To Top