icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
記録的な猛暑の2013年夏、消費行動への影響は?【定点観測調査から振り返る】

記録的な猛暑の2013年夏、消費行動への影響は?【定点観測調査から振り返る】

記録的な猛暑の2013年夏、消費行動への影響は?【定点観測調査から振り返る】
このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年の夏は、全国的に記録的な猛暑となりました。この暑さ、“夏のボーナス”や“お盆休み”など消費のピークに、影響はあったのでしょうか。週次の定点調査から一般消費者の消費行動を分析しました。
TOPICS
  • 猛暑やゲリラ豪雨の影響か、「お出かけ日数」がほぼ全週で、前年より減少
  • 1週間の平均消費金額、3カ月連続で前年を下回る
  • ポジティブな気分で過ごすと、消費意欲の高まりが顕著に?

猛暑やゲリラ豪雨の影響か、「お出かけ日数」がほぼ全週で、前年より減少

1週間の平均「お出かけ日数」1の変化をみると、2013年は78月のほとんどの週で、前年の同時期よりも少なかったことが分かりました。また、気象庁が発表した高気温の日毎データを見ても、例年より梅雨明け直後の最高気温がとくに高く、この“猛暑”や、局所的に短時間で大雨をもたらした“ゲリラ豪雨”などが、お出かけ日数の減少につながったのかもしれません。

1:通勤・通学、日常的な買物などを除く特別な外出

1週間あたりの平均外出日数

1週間あたりの平均外出日数

出典:Macromill Weekly Index 「最近1週間に特別な買物やレジャー、会合などで外出した日数」より

2013年夏の最高気温(東京)

2013年夏の最高気温(東京)

出典:気象庁のホームページより作成

1週間の平均消費金額、3カ月連続で前年を下回る

2013年68月にかけての1週間あたりの個人消費金額2は平均16,436円でした。前年の同じ期間の平均16,987円と比べると、551円減となりました。お出かけ日数が減ったこともあってか、消費が伸び悩んだ様子がうかがえます。

2:家賃、公共料金等の月々の支払い金額を除く

1週間の個人消費金額(6月~8月)

1週間の個人消費金額(6月~8月)

出典:Macromill Weekly Index 「1週間の個人消費金額」より

ポジティブな気分で過ごすと、消費意欲の高まりが顕著に?

定点観測調査で、消費実態と同時に聴取している「過去1週間の生活気分」から、消費者の気分と消費の関係について確認しました。生活気分の質問では、4つのポジティブ要素の選択肢と4つのネガティブ要素の選択肢を用意しています。ポジティブとネガティブのそれぞれの平均値を算出すると、週ごとの生活気分と消費行動との関係性が見えてきます。

生活気分別に、消費予測(今後1カ月の消費量が増えると思うか?)の平均値を比較すると、ポジティブな気分である人は消費量の増加を見込んでいることが、グラフから読み取れます。“消費者の気分の浮揚”が、今後の消費量の動向に影響を及ぼしているようです。

生活気分と今後1カ月の消費意欲の関係 (2013年6~8月平均)

生活気分と今後1カ月の消費意欲の関係 (2013年6~8月平均)

出典:Macromill Weekly Index 「消費予想」と「ポジ×ネガ」より

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成22年国勢調査による、性別×年代×エリアでの人口動態割付
  • ※当記事は、インターネット調査による週次の定点観測調査「Macromill Weekly Index」の調査結果を使用しています。
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
記念日・季節 平均値 社会 経済 天気・災害
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 記録的な猛暑の2013年夏、消費行動への影響は?【定点観測調査から振り返る】

To Top