icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加
消費税8%スタート。増税前後の消費の動向と心理を調査【定点観測調査結果から振り返る】

消費税8%スタート。増税前後の消費の動向と心理を調査【定点観測調査結果から振り返る】

消費税8%スタート。増税前後の消費の動向と心理を調査【定点観測調査結果から振り返る】
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月1日より、消費税が8%に増税されました。消費者の消費動向やその心理を探るべく、週次の定点調査から一般消費者の消費について分析しました。
TOPICS
  • 8%増税の前週、個人消費金額の平均が前年(2013年)よりも4,600円プラス
  • “今後の消費量”への意識が、4月1週目に観測スタート以来、最低値を記録
  • 消費者心理への影響は?消費者の景況感、2014 年1 週目から下降トレンドが顕著

8%増税の前週、個人消費金額の平均が前年(2013年)よりも4,600円プラス

8%増税前後の“1週間の個人消費金額の平均(以下「個人消費金額」)”1について、前年と比較しました。

消費増税が決定した201310月からその年末までは、多くの週で個人消費金額が前年を下回りました。しかし、20141月から4月ではほとんどの週で前年を上回り、中でも8%増税直前の201434週目では、個人消費額が平均19,800円で、前年よりも4,600円プラスとなりました。これまでの定点観測調査の傾向をみると、個人消費金額は年末年始を除く平常時の平均が15,000円~17,000円の間で推移しており、201434週の19,800円という金額は、極めて特異な状態にあったといえます。

そして消費税が8%に上がった20144月に入ると、個人消費金額は急激に下がり、42週目には14,400円まで落ち込みました。3月までの駆け込み消費やまとめ買いのストックと、増税による支払価格の上昇による抵抗感によって、消費に一時的な停滞が生まれていることがうかがえます。

1:家賃、公共料金等の月々の支払い金額を除く

1週間の消費金額 個人平均の推移

1週間の消費金額 個人平均の推移

ベース:全体(n=1,000

出典:Macromill Weekly Index 「1週間の個人消費金額」より

“今後の消費量”への意識が、4月1週目に観測スタート以来、最低値を記録

消費者の今度の消費量を表す“消費予想”2のデータから、消費意識について分析しました。8%増税がスタートする直前の3月から急激に低下し始め、41週目には20113月の観測開始以来、最低となるスコアを記録しました。8%増税のスタート直前に当たる34週目には、消費者の駆け込み需要ともいえる購買行動が個人消費金額のデータから観測されましたが、一方でモノやサービスに対する5月以降の消費意識については、大幅な減少を見込んでいたことがうかがえます。

2:過去1か月間と比較した今後1か月の個人消費量の変化を、「大幅に増える(100ポイント)、やや増える(75ポイント)、変わらない(50ポイント)、やや減る(25ポイント)、大幅に減る(0ポイント)」と点数を与えたときの平均値

消費予想の推移

消費予想の推移

ベース:全体(n=1,000

出典:Macromill Weekly Index 「消費予想」より

消費者心理への影響は?消費者の景況感、2014 年1 週目から下降トレンドが顕著

今後の景況感(23カ月後の身の回りの景気)3のデータをみると、 2014年に入ってから下降トレンドとなっています。特に増税8%がスタートした直後の201441週目は、下降の幅が大きくなっています。日経平均株価の動向と重ね合わせてみても、細かな差はあるもののグラフ全体の波形は同様に下降しており、8%増税による消費者心理への影響は少なからずあるようです。

3:現在の身の回りの景気を、「良くなる(100)、やや良くなる(75)、変わらない(50)、やや悪くなる(25)、悪くなる(0)」と点数を与えたときの平均値。

今後の景況感(2~3カ月後の身の回りの景気)の推移

今後の景況感(2~3カ月後の身の回りの景気)の推移

ベース:全体(n=1,000

出典:Macromill Weekly Index 「今後の景況感(23カ月後の身の回りの景気)」より

このエントリーをはてなブックマークに追加
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査地域
全国
調査対象
20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成22年国勢調査による、性別×年代×エリアでの人口動態割付
  • ※当記事は、インターネット調査による週次の定点観測調査「Macromill Weekly Index」の調査結果を使用しています。
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
過去の調査レポート記事
このタグの他の記事を見る
記念日・季節 平均値 社会 経済
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 消費税8%スタート。増税前後の消費の動向と心理を調査【定点観測調査結果から振り返る】

To Top