icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査レポートを
無料ダウンロード

働く大人の夏休み調査(2016年)。理想と実際の休暇日数にギャップ!

働く大人の夏休み調査(2016年)。理想と実際の休暇日数にギャップ!

働く大人の夏休み調査(2016年)。理想と実際の休暇日数にギャップ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年8月11日(木)は、新しく今年から加わった国民の祝日「山の日」。お盆休みと組み合わせれば、今年の夏休みは夢の大型連休に!?果たしてどのくらいの人が、「山の日」の恩恵を受けられるのでしょうか。
働く大人たちの夏休み事情に迫るべく、会社員・公務員を対象に、「夏休みの過ごし方」について調査してみました。
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
TOPICS
  • 働く大人の夏休み、理想の連休日数は9.4日間。しかし現実は、3.9日で理想の半分以下
  • 初施行の「山の日」の恩恵にあずかって夏休みが長くなった人はわずか17%
  • 夏休みは、“自宅でのんびり派”が多数。平均予算は7万4千円

働く大人の夏休み、理想の連休日数は9.4日間。しかし現実は、3.9日で理想の半分以下

会社員・公務員を対象に、夏休みの理想の連休日数を尋ねたところ、平均9.4日でした。しかしながら現実は厳しく、取得予定の連休日数は平均3.9日間1でした。最も多かったのは0日(夏休みを取得する予定はない)で19%にのぼっています。なお、夏休みを取得する予定の人に絞ると、現実の平均取得日数は5.0日でした。やはり、理想とは4日以上の差があります。

1:夏休みを取得する予定だがまだ日数はわからないと回答した121名(12.6%)を除いて集計

夏休みの連休日数、理想と現実

夏休みの連休日数、理想と現実

ベース:全体(n=963

夏休み取得予定日数

夏休み取得予定日数

ベース:全体(n=963

また、業種別にみると、取得予定日数が最も長かったのは「製造業」で4.7日間、最も短かったのは「サービス業」および「医療・福祉業」で2.3日間でした。

夏休み平均取得日数(業種別)

夏休み平均取得日数(業種別)

ベース:夏休み取得予定日数が未定ではない人(n=841

初施行の「山の日」の恩恵にあずかって夏休みが長くなった人はわずか17%

今年(2016年)夏休みの取得を予定している方に、「山の日」の施行による影響について尋ねました。すると、「山の日」の恩恵を受けて夏休みが長くなる人は、わずか17%でした。国民の祝日が増えたことで、夢の大型連休の実現!とはなかなかいかないようです。

「山の日」の夏休み連休日数への影響

「山の日」の夏休み連休日数への影響

夏休みは、“自宅でのんびり派”が多数。平均予算は7万4千円

夏休み取得予定者に、夏休みの予定を尋ねたところ、1位「家でゆっくり過ごす」57%、2位「家族団らん」46%、3位「墓参り」42%でした。

なお、子どもがいる人(394名)にしぼってみると、1位「家でゆっくり過ごす」56%2位「家族団らん」55%の次に、3位「子どもと遊ぶ」43%がランクインしました。

また、夏休み期間を通しての家族全体での予算を聞いたところ、平均額は74,419円でした。

夏休みに予定していること 上位10位

夏休みに予定していること 上位10位

ベース:夏休み取得予定者(n=776

レジャー予定はこれから計画か。旅行予定者は30%だが、行きたい人は75%

まだ予定はしていないが、夏休みにやりたいと思うことも尋ねたところ、1位「旅行(国内・海外含む)」45%、2位「普段できていない家事をする」41%、3位「近場のレジャースポットに行く」40%でした。

1位の旅行に関しては、既に予定している人は30%でしたが、その1.5倍の45%が未予定ながらも旅行願望はある様子。合わせると75%が行きたいと思っていることがわかります。お出かけの予定はこれから立てる人が多いようです。

まだ予定はしていないが、夏休みにやりたいこと 上位10位

まだ予定はしていないが、夏休みにやりたいこと 上位10位

ベース:夏休み取得予定者(n=776

働く大人は、みなお疲れ!? 73%が夏休みは「たくさん寝たい」。13%は夏休み中にも「仕事」を予定

夏休みを利用して「たくさん寝たい」と思っている人は、71%(予定者33%、希望者38%)にのぼりました。

一方で、夏休み中にもかかわらず「仕事」をしようと考えている人も26%(予定者112%、希望者数13%)いることがわかりました。日々の仕事が忙しく睡眠不足を解消しようとしているのか、はたまた、日々の仕事が終わらず休暇中にも持ち越すことになりそうなのか・・・働く大人たちの日々の仕事が大変な様子がうかがえます。

夏休みの予定:「たくさん寝る」

夏休みの予定:「たくさん寝る」

ベース:夏休み取得予定者(n=776

夏休みの予定:「仕事をする」

夏休みの予定:「仕事をする」

ベース:夏休み取得予定者(n=776

ライフイベントが動く夏休み!19%は夏休み中に家族・親戚に相談事あり。恋人がいる人の35%は親への紹介・挨拶を予定

夏休み中に、家族・親戚に相談しようと思っていることがある人は19%(147名)でした。相談内容で最も多かったのは「子どもの教育・進学について」で、相談事のある人の28%が該当します。「車の購入について」23%、「家の購入について」22%、「自分自身の結婚について」14%と続きます。

また、未婚で恋人のいる夏休み取得者(138名)のうち、夏休み中に親に恋人を紹介したり挨拶したりしよう・したいと考えている人は392いることがわかりました。夏休みは、結婚や家・車の購入などライフイベントが進むきっかけとなりそうです。

2:「予定している」14%、「まだ予定はしていないがやりたいと思う」25%の合計

夏休み中の家族・親戚への相談 上位5位

夏休み中の家族・親戚への相談 上位5位

ベース:夏休み中に家族・親戚へ相談事のある人(n=147

このエントリーをはてなブックマークに追加
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
他にもこんな調査結果があります!
掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目
  • 夏休みを取得する時期
  • 勤務先での夏休み(公休)支給状況
  • 勤務先での夏休み(有給)取得の推奨状況
  • この夏に挑戦したいアウトドアスポーツ・アクティビティ
  • など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20~59歳の有職の男女で、職業が会社員、または、公務員に該当する方(マクロミル提携モニタ)/合計963サンプル
ウェイトバック
平成28年労働力調査(総務省)による、性年代別の正規雇用者の構成比にあわせてウェイトバック集計
調査日時
2016年7月7日(木)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
  • ※ 本記事は、2017年12月より、ウェイトバック集計結果に合わせ、掲載数値等を再編集しています。
このタグの他の記事を見る
社会人・働き方 休暇・レジャー 記念日・季節 平均値
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 働く大人の夏休み調査(2016年)。理想と実際の休暇日数にギャップ!

To Top