icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

ブラックフライデーに関する調査。今後日本でも流行るのか?

ブラックフライデーに関する調査。今後日本でも流行るのか?

ブラックフライデーに関する調査。今後日本でも流行るのか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマス商戦の始まりとして、アメリカでは「お祭り」のようなビッグイベントとして定着しているブラックフライデー。11月第4木曜日の翌日から翌週の月曜日にかけ、各小売店が大幅割引セールを行う感謝祭で、1年で最も物が売れる日と言われています。近年日本でもブラックフライデーを導入する店舗が増えていますが、日本人でも定着していくのでしょうか?日本全国の1,000名を対象に調査しました。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 「ブラックフライデー」、言葉の認知率は84%、内容の認知率は31%
  • 知らない人には、ネガティブなイメージ。“ブラック企業” “ブラックリスト” などを想起?
  • ブラックフライデーの消費実態。 セールで買い物をした?「YES」9%、「NO」91%
  • 日本でも経済効果をもたらす大イベントなる!? 日本での定着予想は、「する」と「しない」が拮抗

「ブラックフライデー」、言葉の認知率は84%、内容の認知率は31%

ブラックフライデーを知っているか尋ねたところ、84%が「知っている」と回答しました。知っている人の内訳は、「内容まで知っている」31%、「聞いたことがある」52%で、およそ3人に1人がブラックフライデーの内容を理解していることがわかりました。

『ブラックフライデー』の認知

『ブラックフライデー』の認知

ベース:全体(n=1,000

知らない人には、ネガティブなイメージ。“ブラック企業” “ブラックリスト” などを想起?

ブラックフライデーに対するイメージはポジティブかネガティブかを4段階で尋ね、認知度ごとに比較しました。ブラックフライデーにポジティブなイメージを持っている人は、内容まで知っている層では88%(ポジティブ46%+ややポジティブ42%)、全く知らない層ではわずか13%(ポジティブ4%+ややポジティブ9%)でした。

ブラックフライデーを知らない人に、「ブラックフライデー」と聞いて具体的にどのようなイメージを持っているのかを自由回答で尋ねました。回答が多かった順に抜粋すると、「悪い、暗い、不吉なことが起きそう」「金曜なのに残業」「週刊誌ネタ」など。ブラックフライデーは、小売店が大きく黒字になることから「“ブラック”フライデー」呼ばれていますが、ブラックフライデーを知らない人はネガティブなイメージを持っています。背景には、“ブラック企業” “ブラックリスト” など、ネガティブな話題で“ブラック”という言葉を使われることが多いことも、要因になっているのではないでしょうか。

『ブラックフライデー』に対するイメージ(認知度別)

『ブラックフライデー』のイメージ比較(認知の度合い別)

ベース:全体(n=1,000

ブラックフライデーの消費実態。 セールで買い物をした?「YES」9%、「NO」91%

ブラックフライデーにちなんだセール等で、今年実際に買い物をした人はどのくらいいたのでしょうか?ブラックフライデーを知らない人にも、その内容を説明した上で回答してもらいました。すると、ブラックフライデーにちなんだセール等で今年買い物をした人はわずか9%。クリスマスやハロウィン、バレンタインのように、多くの人が買い物を楽しむようなイベントには、まだほど遠いようです。

『ブラックフライデー』にちなんだ買い物をしたか

『ブラックフライデー』にちなんだ買い物をしたか

ベース:全体(n=1,000

日本でも経済効果をもたらす大イベントなる!? 日本での定着予想は、「する」と「しない」が拮抗

ブラックフライデーは、今後日本においても大きな経済効果をもたらすイベントになっていくのでしょうか。

最後にずばり、“ブラックフライデーは日本で定着すると思う?”と尋ねました。「定着する」は52%、「定着しない」は48%で、差はあまりありません(ブラックフライデーを知らない人も、内容の説明を読んだ上で回答)。

『ブラックフライデー』は今後、日本にも定着すると思うか

『ブラックフライデー』は今後、日本にも定着すると思うか

ベース:全体(n=1,000

それぞれの理由を自由回答で尋ねると、定着すると思う人は、「お得だから、セールで安いから」、「お祭り・イベント好きだから」、「アメリカで流行ったものは日本でも流行るから」「ハロウィンやクリスマスも定着したから」など。一方、定着しないと思う人は、「ブラック(ネーミング)のイメージが悪いから」「まだあまり知られていないから」「一時的な流行りだと思うから」「ボーナス前だから」等が目立ちました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 各項目の性別クロス結果、年代別クロス集計結果
  • など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20代~60代の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代×全国5エリアの人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2016年12月1日(木)~12月2日(金)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
データのご利用に関して
注意事項
  • 当記事の著作権は、株式会社マクロミルが保有します。
  • 当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社マクロミル調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。また、引用・転載される旨をHoNote事務局までご一報ください。
  • 当記事に掲載された内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
※商用利用について
自社商品・サービスの広告における使用はご遠慮ください。また、営業・販売を目的とした資料や制作物への引用・転載をご希望される場合は、事前に必ずご相談ください。引用されたい調査結果、引用先、引用物の用途を明記のうえHoNote事務局までご連絡をお願いいたします。
※データ集計依頼ついて
無償での集計対応は終了しましたので、担当営業へご相談ください。なお担当営業がご不明の際は、HoNote事務局までお問い合わせをお願いいたします。
※記事内容チェック依頼について
記事内容チェックの対応はいたしませんのでご遠慮ください。

免責事項
  • 転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
このタグの他の記事を見る
社会 経済
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. ブラックフライデーに関する調査。今後日本でも流行るのか?

To Top