icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査レポートを
無料ダウンロード

利用範囲がますます拡大!“電子マネー”の利用実態調査

利用範囲がますます拡大!“電子マネー”の利用実態調査

利用範囲がますます拡大!“電子マネー”の利用実態調査
このエントリーをはてなブックマークに追加
交通系電子マネー「Suica」と「PASMO」の相互利用が可能になってから、今月18日で10年が経ちました。またマクドナルド社では、2017年下半期から、全国約2,900店舗でクレジットカードによる決済を開始すると共に、電子マネーでの決済を拡大するそうです。様々なサービス等で利用範囲が拡大し、便利になった電子マネー。その利用実態や意識などについて、全国の男女1,000名を対象に調査しました。
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
TOPICS
  • 電子マネーの利用率は61%、クレジットカードとの差は1割弱
  • 電子マネーを使いたい理由、1位「ポイントが貯まる」76%、2位「支払いがスムーズ」65%。3位の「少額でも気にせずに使える」も半数弱を占める
  • 電子マネーの利用金額、1カ月の個人平均は12,761円
  • 電子マネー利用者のうち3割が、“電子マネーが使えないことを知り、買い物を中止した経験あり”
  • 電子マネーの導入希望、公共機関、海の家・プールの売店、祭の屋台、海外など幅広く
  • 外貨を電子マネーに交換できる“POCKET CHANGE”、海外渡航者の75%が「使ってみたい」

電子マネーの利用率は61%、クレジットカードとの差は1割弱

普段の買い物での支払い手段としてあてはまるものをすべて選んでもらったところ、多い順に「現金」95%、「クレジットカード」70%、「電子マネー」61%でした。電子マネーとクレジットカードの利用率の差はわずか1割弱となっています。

支払い手段

支払い手段

ベース:全体(n=1,000)/複数回答

電子マネーを使いたい理由、1位「ポイントが貯まる」76%、2位「支払いがスムーズ」65%。3位の「少額でも気にせずに使える」も半数弱を占める

電子マネー利用者・利用意向者に、電子マネーを利用する理由を尋ねました。最多は「ポイントが貯まるから」76%、次いで「支払がスムーズだから」65%、「少額でも気にせずに使えるから」45%。電子マネーの利用シーンの1つとして、“少額決済”がキーワードとしてあげられそうです。

電子マネーの利用理由

電子マネーの利用理由

ベース:電子マネー利用者・利用意向者(n=692)/複数回答

電子マネーの利用金額、1カ月の個人平均は12,761円

電子マネー利用者に、1カ月に平均いくら分くらい電子マネーで支払いをしているか尋ねたところ、個人平均金額は12,761円でした。

電子マネーでの支払い金額(1カ月あたりの個人平均)

電子マネーでの支払い金額(1カ月あたりの個人平均)

ベース:電子マネー利用者(n=609

電子マネー利用者のうち3割が、“電子マネーが使えないことを知り、買い物を中止した経験あり”

電子マネーの利用経験者の3割が、店舗等で電子マネーが使えないことを知り、買う店舗の変更や、買い物の中止したことがあることがわかりました。

電子マネーが使えない店舗で、買い物を中止した経験

電子マネーが使えない店舗で、買い物を中止した経験

ベース:電子マネー利用者+利用中止者 / n=713

電子マネーの導入希望、公共機関、海の家・プールの売店、祭の屋台、海外など幅広く

今後電子マネーが使えるようになったら・使える場所が増えたら便利だと思う店や場所などについてうかがいしました。自由回答の中から一部を抜粋してご紹介します。

傾向としては、行政の窓口や、学校、病院、郵便局など公共機関での利用希望が目立ちました。また、寺院の拝観料、美術館・博物館などの入館料や、現金を持ち歩きづらいためか、海の家やプールの売店、祭の屋台、さらには海外でも使えたら、などの回答もあがっています。

電子マネーが使えたら・使える場所が増えたら、便利だと思う店や場所など(自由回答から抜粋)

  • 行政窓口(男性61歳/神奈川県)
  • 郵便局(男性21歳/福岡県)
  • 学校(女性43歳/広島県)
  • 病院(男性42歳/福島県)
  • 公衆電話、すべての自販機、タクシー(女性62歳/東京都)
  • お寿司屋(女性64歳/千葉県)
  • 魚市場や業務センターなど(男性61歳/愛知県)
  • 個人経営の店舗(男性30歳/福岡県)
  • 遊園地やプールの売店(女性35歳/三重県)
  • 銭湯(男性62歳/栃木県)
  • 寺院・美術館・博物館などの拝観料や入館料(男性32歳/北海道)
  • 公営のギャンブル場(男性47歳/山口県)
  • 金券ショップ、美容院、地元のパン屋さん(女性51歳/滋賀県)
  • 海の家、スキー場、キャンプ場(女性30歳/岡山県)
  • 下町などの観光スポット(男性55歳/東京都)
  • 祭りの屋台(男性43歳/岐阜県)
  • 海外(女性47歳/東京都)

外貨を電子マネーに交換できる“POCKET CHANGE”、海外渡航者の75%が「使ってみたい」

電子マネーの利用が進む中、余ってしまった外貨を簡単に電子マネーに変えられる“POCKET CHANGE”という機械が、20167月から羽田空港に設置されました。航空機での海外渡航者へ、もし利用する空港に設置してあったら利用してみたいかたずねると、75%が「使ってみたい」と回答しました。

“POCKET CHANGE”の利用意向

“POCKET CHANGE”の利用意向

ベース:全体(n=1,000

このエントリーをはてなブックマークに追加
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
他にもこんな調査結果があります!
掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目
  • 電子マネー利用者へ:電子マネーの発行企業について
  • 電子マネー利用者へ:クレジット機能、オートチャージ機能の有無について
  • 電子マネー利用者へ:電子マネーの形状について
  • 電子マネー利用者へ:おサイフケータイの利用について
  • 電子マネー非利用者へ:電子マネーを使わない&使うことをやめた理由
  • など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20~69歳の男女(マクロミル提携モニタ)
割付方法
平成27年国勢調査による、エリア×性別×年代別の人口動態割付/合計1,000名
調査期間
2017年3月13日(月)~15日(水)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
テクノロジー 経済
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 利用範囲がますます拡大!“電子マネー”の利用実態調査

To Top