icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

天気予報の確認方法から、お天気別の過ごし方まで、天気に関するアレコレを調査!

天気予報の確認方法から、お天気別の過ごし方まで、天気に関するアレコレを調査!

天気予報の確認方法から、お天気別の過ごし方まで、天気に関するアレコレを調査!
このエントリーをはてなブックマークに追加
北は亜寒帯から南は亜熱帯まで様々な気候区分を持つ日本。近年、大型台風やゲリラ豪雨といった異常気象が目立ち、「観測史上初」「統計史上初」という言葉もよく耳にします。
そこで、天気に関する情報の取得方法や、天気によって変わる行動など、天気に関するアレコレについて、20~69歳の男女1,000人を対象に調査しました。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 8割がほぼ毎日天気予報を確認!“確認しない派”は全体の7%にとどまるが、20代男性は突出して多く22%にのぼる
  • 天気確認は「テレビ番組の天気コーナー」が83%で主流。若い世代ほど携帯・スマホを利用
  • 天気による行動には明確な男女差が。1日中晴れの日は“外出&くつろぎたい”男性と“家事をしたい”女性

8割がほぼ毎日天気予報を確認!“確認しない派”は全体の7%にとどまるが、20代男性は突出して多く22%にのぼる

普段の天気予報の確認頻度を尋ねたところ、「毎日必ず確認する」と答えた人は過半数の52%となりました。「毎日必ず確認」「できる限り毎日確認」を合わせると78%大多数の人がほぼ毎日天気を確認していることが分かります。

一方で、「あまり確認しない」「まったく確認しない」と答えた人の割合は全体で7%にとどまりました。しかし20代男性に限っては割合が突出して多く22%にのぼりました。

天気予報の確認頻度

天気予報の確認頻度

ベース:全体n=1,000

また、天気予報を確認しない理由は「確認する必要性を感じない」が33%で最も多く、次いで「確認するのがめんどうくさい」が32%でした。

天気予報を確認しない理由 上位5位

天気予報を確認しない理由 上位5位

ベース:天気予報を「あまり確認しない」「全く確認しない」人n=76)/複数回答

天気確認は「テレビ番組の天気コーナー」が83%で主流。若い世代ほど携帯・スマホを利用

天気予報の情報源を尋ねたところ、最も多かったのは「テレビ番組の天気コーナー」で83%と圧倒的でした。性年代別に見ても、すべての層で利用率は高く、最も低い30代男性でも75%でした。携帯電話やスマホが広く普及しているとはいえ、世代や性別問わず、“天気予報はテレビで確認するもの”として生活に浸透しているさまがうかがえます。

「テレビ番組の天気コーナー」に次いで多かったのが「携帯電話・スマホの天気情報アプリ」で、全体で50%の人が利用していると答えました。特に利用率が高かったのは20代女性で75%にのぼりました。

天気予報の情報源 上位5位

天気予報の情報源 上位5位

ベース:全体n=1,000)/複数回答

天気予報の情報源別利用率(性年代別)

天気予報の情報源別利用率(性年代別)

ベース:全体n=1,000

天気による行動には明確な男女差が。1日中晴れの日は“外出&くつろぎたい”男性と“家事をしたい”女性

「何も予定がない日、1日中晴れ予報だったら何をしたいか」と尋ねたところ、男女間の違いがくっきりと浮き彫りになりました。

男性で最も多かった回答は「公園等屋外へ出かける」36%、次いで「家でくつろぐ」34%でした。一方、女性で最多だったのは「洗濯」の67%、2位は「掃除」40%という結果です。なお、男性で「洗濯」と答えたのは23%、「掃除」は18%であり、女性と比較して20ポイント以上も低い結果でした。このように男女で対照的な回答となったのは、女性が家事を担うケースが多い日本ならではの結果とも言えそうです。

1日中晴れ予報の日に行いたいこと 上位5位

1日中晴れ予報の日に行いたいこと 上位5位

ベース:全体n=1,000)/複数回答

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 天気予報で確認する内容
  • 外出時に突然の雨に降られた場合の行動
  • ゲリラ豪雨等の「天気急変情報」の入手経路・情報源
  • 1日中雨予報の日にやりたいこと
  • 天気予報への満足度
など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国の20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2017年9月5日(火)~6日(水)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
天気・災害
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 天気予報の確認方法から、お天気別の過ごし方まで、天気に関するアレコレを調査!

To Top