icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

現状の労働時間に2人に1人は満足!東京23区の正社員に労働時間調査を実施

現状の労働時間に2人に1人は満足!東京23区の正社員に労働時間調査を実施

現状の労働時間に2人に1人は満足!東京23区の正社員に労働時間調査を実施
このエントリーをはてなブックマークに追加
厚生労働省主導で時間外労働の削減が重視される中、働き方改革をうたう企業が増えてきています。このような中、従業員は現状の労働時間に満足しているのでしょうか。実態を把握すべく、東京23区に勤めるフルタイムの正社員を対象に調査を実施しました。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • “残業ほぼなし”の会社員は24%、1日の平均労働時間は8.9時間
  • 現状の労働時間、満足の方が多数!満足42%、不満26%
  • 労働時間、4割が「減らしたい」、5割が「今のままで良い」
  • 労働時間を軽減させる企業の施策、実施率は66%!「ノー残業デー」「労働時間の上限設定」などが主流

“残業ほぼなし”の会社員は24%、1日の平均労働時間は8.9時間

東京23区内の企業で働く正社員1,000名に、基本労働時間に残業時間を含めた1日の総労働時間(休憩時間を除く)を、過去3カ月の平均で尋ねました。その結果、最多は「8時間以上~9時間未満」で39%、次いで「8時間未満」が24%でした。労働基準法の第32条では原則として、1週間に40時間、1日に8時間を基本労働時間と定め、それを超える時間を残業時間としていることから、労働時間が8時間未満の“ほぼ残業なし”の会社員は 24%であることが今回の調査で分かりました。また、1日の平均労働時間は8.9時間となっています。

1日の総労働時間(過去3ヵ月の1人あたりの平均)

1日の総労働時間(過去3ヵ月の1人あたりの平均)

ベース:全体(n=1,000

1日の平均総労働時間

1日の平均総労働時間

ベース:全体(n=1,000

現状の労働時間、満足の方が多数!満足42%、不満26%

現在の労働時間に対する満足度をたずねたところ、“満足(とても満足+やや満足の合計)”が42%、“不満(とても不満+やや不満の合計)”が26%で、満足している人の方が多いことがわかります。

世代別に比べると、満足している人の割合は20代では半数を超えていますが、3043%、40では35%と、満足の割合が低下しています。

労働時間に対する満足度 世代別

労働時間に対する満足度 世代別

ベース:全体n=1,000

労働時間、4割が「減らしたい」、5割が「今のままで良い」

次に、現在より労働時間を増やしたいか、減らしたいか、希望を尋ねました。最多は「今のままで良い」49%で、約半数が現状維持を希望しているようです。一方、「減らしたい」は43%で「今のままで良い」の割合にせまっており、「増やしたい」という人も8%とわずかながらいるようです。また世代別における大きな差は見られませんでした。

労働時間を増やしたいか減らしたいか

労働時間を増やしたいか減らしたいか

ベース:全体n=1,000

労働時間を軽減させる企業の施策、実施率は66%!「ノー残業デー」「労働時間の上限設定」などが主流

労働時間を軽減するための取り組はどのくらい実施されているのでしょうか。勤め先について尋ねると、実施率は66%で、主な取り組みは「ノー残業デー」37%、「残業時間の上限設定」29%、「残業の事前申請」25%など。報道などで話題になった「プレミアムフライデーの実施」、「リモートワークの導入」、「就業時間になったら自動消灯」などは10%以下にとどまりました。

また、会社独自の生産性向上のための施策について具体的に自由回答でたずねると、「立ち会議の実施、不要なコピー出し、資料準備は行わない(女性・34歳)」「フレックス、在宅勤務可能などの取り組み(男性・57歳)」「会議削減や直行直帰の推奨(男性・43歳)」などが挙げられました。

労働時間軽減の取り組み

労働時間軽減の取り組み

ベース:全体n=1,000)/複数回答

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 現在の労働時間に、満足している理由・満足していない理由
  • 直近1年間の労働時間は、その前の1年間に比べて増えたか、減ったか
  • 今よりも労働時間を増やしたい・減らしたい理由
  • 労働時間が減った人へ:減った労働時間分を、何に当てているか
  • 勤め先企業の労働時間軽減施策(自由回答より抜粋)
など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
東京23区に通勤しているフルタイム勤務の正社員で、勤続年数2年以上かつご自身の労働時間を把握している男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
割付なし/合計1,000サンプル(スクリーニング調査は、平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付)
調査期間
2017年9月13日(水)~14日(木)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
社会人・働き方 平均値 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 現状の労働時間に2人に1人は満足!東京23区の正社員に労働時間調査を実施

To Top