icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

スマホゲームユーザーの2人に1人が“ほぼ毎日”プレイ。ゲームに関する実態調査

スマホゲームユーザーの2人に1人が“ほぼ毎日”プレイ。ゲームに関する実態調査

スマホゲームユーザーの2人に1人が“ほぼ毎日”プレイ。ゲームに関する実態調査
このエントリーをはてなブックマークに追加
「VR(バーチャルリアリティ)元年」と呼ばれた昨年。2017年は家庭用ゲーム機の市場が活況で、9月に開催された「東京ゲームショウ2017」の総来場者数が25万人を超えるなど、ゲーム市場は未だ注目を浴びています。
本調査では、まずはゲームにまつわるあれこれについて尋ねました。そしてVRゲームについて所有や購入意向についても調査しています。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • ゲームは“スマホでする” が最多。スマホゲームユーザーの2人に1人が、ほぼ毎日プレイ。
  • 好きなゲームジャンル1位は「ロールプレイング」、次回作が気になるシリーズ1位は「ドラゴンクエスト」
  • VRゲーム用の端末、一般人の所有率は12%。今後の購入意欲は、男性が女性の2倍

ゲームは“スマホでする” が最多。スマホゲームユーザーの2人に1人が、ほぼ毎日プレイ。

ゲームのプレイ方法ごとに、普段プレイしているか、している場合はどのくらいの頻度なのかを尋ねました。

家庭用ゲーム、PCでのオンラインゲーム、スマートフォンゲーム、ゲームセンターでのアーケードゲームの4種類のうち、もっともプレイされているものはスマートフォンゲームで59%。次いで、家庭用ゲームとゲームセンターのアーケードゲームがそれぞれ39%、38%とほぼ同率、PCのオンラインゲームが最も少なく22%でした。もっともプレイされているスマートフォンゲームについて、ユーザーのプレイ頻度をみると、約2人に1人(53%)が、ほぼ毎日プレイしていることがわかります。

ゲームのプレイ状況

ゲームのプレイ状況

ベース:全体(n=1,000

ゲームのプレイ頻度

ゲームのプレイ頻度

ベース:普段プレイしているゲーム

好きなゲームジャンル1位は「ロールプレイング」、次回作が気になるシリーズ1位は「ドラゴンクエスト」

1番好きなゲームのジャンルをたずねると、1位は「ロールプレイングゲーム」33%で、2位以降を20ポイント強引き離しています。続いて2位は「アクションRPG12%で、2位にもロールプレイングゲームの要素が含まれる結果となり、3位は「シュミレーションゲーム」8%でした。

また、次回作が気になるゲームのシリーズをたずねると、1位は「ドラゴンクエスト」43%、2位は「スーパーマリオ」34%、3位「ファイナルファンタジー」34%となっています。

1番好きなゲームのジャンル 上位5位

1番好きなゲームのジャンル 上位5位

ベース:家庭用ゲーム機を月に1日以上プレイする人n=235)/複数回答

次回作が気になるゲームのシリーズ 上位5位

次回作が気になるゲームのシリーズ 上位5位

ベース:家庭用ゲーム機を月に1日以上プレイする人n=235)/複数回答

VRゲーム用の端末、一般人の所有率は12%。今後の購入意欲は、男性が女性の2倍

VR元年”と呼ばれた昨年から、VRゲームは一般の人にどの程度浸透したのでしょうか。

VR端末(VRヘッドマウントディスプレイ)についてたずねると所有率は12%でした。また、VR端末を持っていない人に今後の購入意向をたずねると、27%が購入したい(是非購入したい8%+やや購入したい19%)と回答しました。購入したい人の割合を男女で比較すると、女性は17%であるのに対し、男性は約2倍強の36%となっています。VR端末を持っている人や購入したい人は、全体的にはまだ少数派ですが、男性のほうがVRの購入に積極的であることがわかります。

VR端末の所有率(男女別)

VR端末の所有率(男女別)

ベース:全体n=1,000

VR端末の購入意向

VR端末の購入意向

ベース:VR端末を保有していない人n=881

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 直近1年のゲームをプレイする頻度の変化
  • 現在1番プレイしている家庭用ゲーム機本体
  • 今後、家族や親戚のために購入したい家庭用ゲーム機本体
  • ・・・その他、抜粋して紹介した全選択肢の結果や、性別・年代別クロス集計など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国15~59歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2017年9月27日(水)~28日(木)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
テクノロジー ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. スマホゲームユーザーの2人に1人が“ほぼ毎日”プレイ。ゲームに関する実態調査

To Top