icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査レポートを
無料ダウンロード

共働き夫婦の家事分担調査(2017年)。夫の家事分担率は平均30%

共働き夫婦の家事分担調査(2017年)。夫の家事分担率は平均30%

共働き夫婦の家事分担調査(2017年)。夫の家事分担率は平均30%
このエントリーをはてなブックマークに追加
1カ月後の11月22日は「いい夫婦の日」。昨今、女性の社会進出が進み、家庭における夫婦の役割分担も、一昔前とは変化してきました。そこで、2017年現在の夫婦の家事分担状況を調査。夫婦ともにフルタイムで働く20~40代の男女1,000名を対象に実施しました。
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
TOPICS
  • フルタイムの共働き家庭の割合は、年代が上がるほど減少。20代は28%、30代は23%、40代は21%
  • 夫婦ともフルタイム勤務の共働きであっても、妻がメインで家事を担う家庭は66%。妻と夫で分担している家庭は30%
  • 家事の分担、理想は「夫50%妻50%」、しかし現実は「夫10%妻90%」。実際の夫の家事分担率の平均は30%だが、若い世代ほど分担率は高い傾向

フルタイムの共働き家庭の割合は、年代が上がるほど減少。20代は28%、30代は23%、40代は21%

まず最初に、全国2万人を対象に、結婚の状況やご自身・配偶者の就業状況等を確認しました。既婚率は2028%、3059%、4065となっています。

そして、既婚者の就業状況をみると、「共働き家庭」※1の割合は2049%、3050%、4059%と年代が上がるほど増加します。一方、夫婦ともにフルタイムで共働き」※2の割合は、2028%、3023%4021%と年代が上がるほど減少しました。

※1:「共働き(夫婦とも共働き就業)」と「共働き(夫婦とも共働き就業以外)の合計

※2:週に40時間以上働いている人をフルタイム就業者と定義

結婚状況 年代別

結婚状況 年代別

ベース:全体n=20,000

夫婦の就業状況 年代別

夫婦の就業状況 年代別

ベース:既婚者n=10,556

夫婦ともフルタイム勤務の共働きであっても、妻がメインで家事を担う家庭は66%。妻と夫で分担している家庭は30%

フルタイム共働きをしている夫婦1,000、家事の分担状況について伺いました。

「妻がほとんどの家事を担っている」30%、「妻が主に家事を担っているが、夫も少し分担している」が36%で、あわせて66%の家庭では妻がメインで家事を担っていることが示されました。なお、「妻と夫で分担」している家庭は30%でした。

夫婦の家事分担状況

夫婦の家事分担状況

ベース:全体n=1,000

家事の分担、理想は「夫50%妻50%」、しかし現実は「夫10%妻90%」。実際の夫の家事分担率の平均は30%だが、若い世代ほど分担率は高い傾向

夫と妻で実際に何%ずつ家事を担っているか・担うべきか、理想と実際を尋ねました。

結果、理想は「夫50%50%」で夫婦平等に分担したいと考える人が最多37%、次いで「夫40%60%」が22%でした。

一方、実際の分担割合をみると、最多は「夫10%90%24%、次いで「夫20%80%」が19%でした。妻も夫と同じようにフルタイムで働いているにも関わらず、妻に家事負担が寄っている現状が見えてきます。理想と現実の間にはまだまだ開きがありそうです。

夫婦の家事分担割合(実際と理想の比較)

夫婦の家事分担割合(実際と理想の比較)

ベース:全体n=1,000

なお、年代別に比較すると、若い世代ほど分担が進んでいることが分かりました。

実際家事している割合の平均を算出すると30%となりましたが、年代別にみると夫の平均家事分担割合は、20代で35%30代で31%40代で27%年代が上がるほど減少していることが分かります

また、夫が家事する理想の分担割合の平均は、20代・30代は40%とほぼ同じですが、40代では35%でした。

昨今、女性の社会進出が進んできていますが、一方で家事育児への男性参加も必要であるという風潮も強まってきています。より若い世代ほど、家事分担が進んでいる裏側には、そういった時代背景も関係しているのかもしれません。

年代別 夫の平均家事分担割合(実際と理想)

年代別 夫の平均家事分担割合(実際と理想)

ベース:全体n=1,000

このエントリーをはてなブックマークに追加
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
他にもこんな調査結果があります!
掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。
詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目
  • 家事毎のメイン担当者(料理、掃除、洗濯、買い物、家計管理、親戚・近所づきあい、育児)
  • 家事に対する考え方
  • 家事で負担やストレスを感じるフェーズ
  • 配偶者にもっと家事負担をしてもらいたいか
  • 家事負担を減らすための工夫
  • 夫婦のどちらの方が、就業時間が長いか
  • 夫婦のどちらの方が収入が多いか
  • など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ

1.全国2万人対象調査
調査対象
全国20~49歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代別の人口動態割付/合計20,000サンプル
調査期間
2017年9月26日(火)~27日(水)

2. フルタイム共働き夫婦1,000名調査
調査対象
既婚で配偶者と同居しており、夫婦ともにフルタイム(週40時間以上)で働いている男女(マクロミルモニタ会員)/合計1,000サンプル
調査期間
2017年9月26日(火)~27日(水)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
過去の調査レポート記事
このタグの他の記事を見る
家事・育児 恋愛・結婚 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 共働き夫婦の家事分担調査(2017年)。夫の家事分担率は平均30%

To Top