シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査レポートを
無料ダウンロード

花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査

花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査

花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査
このエントリーをはてなブックマークに追加
スギ花粉症の方にとってつらいシーズンが近付いてきています。東京都は2017年12月、都民のスギ花粉症率はおよそ48.8%※1、つまり“2人に1人が花粉症”という調査結果を発表しました。そこで今回は、花粉症患者はどのような症状に悩まされているのか?またスギ花粉飛散シーズンに向けて、どのような対策を考え、どのくらいの予算を見込んでいるかを調べました。 ※1:東京都福祉保健局『花粉症患者実態調査報告書』(平成 29年12月発表)より
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
TOPICS
  • 全国の花粉症率は40%
  • “都道府県別 花粉症率ランキング”、高い県 1位「群馬県」 2位「山梨県」 3位「滋賀県」、低い県 1位「沖縄県」 2位「北海道」 3位「宮崎県」
  • つらい症状トップ3は「鼻水」40%、「眼のかゆみ」23%、「鼻づまり」21%
  • 花粉対策に利用されるもの、「マスク」が最多で7割が利用。5位の「ヨーグルト」は3割で食品・飲料商品の中ではトップ
  • 花粉症対策の開始時期は、スギ花粉の飛散開始に比例? “症状が出てから対策”も全エリアで3割
  • スギ花粉対策の平均予算は4,730円。最多の予算帯は「1,000円以上~3,000円未満」で46%

全国の花粉症率は40%

全国の20,000人に対し、花粉症の症状の有無を尋ねたところ、症状がある人は40%でした。

全国の花粉症率

“都道府県別 花粉症率ランキング”、高い県 1位「群馬県」 2位「山梨県」 3位「滋賀県」、低い県 1位「沖縄県」 2位「北海道」 3位「宮崎県」

花粉症患者が多い都道府県は1位「群馬県」51.7%、2位「山梨県」50.0%、3位「滋賀県」49.7%。また少ない順では1位「沖縄県」6.9%、2位「北海道」20.9%、3位「宮崎県」22.7%でした。

都道府県別の花粉症率 上位3位と下位3位

つらい症状トップ3は「鼻水」40%、「眼のかゆみ」23%、「鼻づまり」21%

スギ花粉による花粉症の症状がある1,000名に、スギ花粉飛散シーズンの症状を尋ねました。多いものは上位から「鼻水」94%、「くしゃみ」89%、「眼のかゆみ」81%。そして、最もつらい症状を尋ねると、上位から「鼻水」40%「眼のかゆみ」23%、「鼻づまり」21%と続きました。

スギ花粉の飛散シーズンに最もつらい症状 上位5位

花粉対策に利用されるもの、「マスク」が最多で7割が利用。5位の「ヨーグルト」は3割で食品・飲料商品の中ではトップ

スギ花粉症対策で2018年の対策として利用するものを尋ねました。最多は「マスク」で70%、次いで、つらい症状で2番目に多かった “眼のかゆみ”の対策と考えられる「目薬」が57%でした。「病院での診察、治療、処方箋医薬品など」38%、「アレルギー症状を抑える市販薬」33%と、病院や薬での対策が3位・4位と続きます。上位5番目につけたのは「ヨーグルト」で31%。食品や飲料では、飴やガム、お茶、サプリメントなども選択肢として挙げていますが、それぞれ157%で上位5位には入りませんでした。食品や飲料関連では、ヨーグルトが他の商品を引き離してします。

2018年のスギ花粉症対策で利用するもの 上位5位

花粉症対策の開始時期は、スギ花粉の飛散開始に比例? “症状が出てから対策”も全エリアで3割

花粉症対策を開始する時期を尋ねました。全国を5エリアで区分して比較すると、スギ花粉の飛散開始が遅いエリア2ほど花粉症対策も遅いことが分かります。また、花粉症対策の開始時期は決めずに“症状が出始めてから”対策を始めるという人も各エリアにおよそ3割いることが分かりました。

※2:日本気象協会が運営する天気予報専門メディア「tenki.jp(てんきじぇーぴー)」からの引用(https://tenki.jp/

2018年のスギ花粉症対策を始めるタイミング

スギ花粉対策の平均予算は4,730円。最多の予算帯は「1,000円以上~3,000円未満」で46%

それでは、スギ花粉症患者の皆さんは今年のスギ花粉飛散シーズンの花粉症対策にどの程度お金をかける予定なのでしょうか。平均予算は4,730円、最も多い予算帯は「1,000円以上~3,000円未満」で46%でした。

2018年スギ花粉症対策のための予算(平均)
2018年スギ花粉症対策のための予算
このエントリーをはてなブックマークに追加
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
他にもこんな調査結果があります!
掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目

【1】全国20,000人にきく、花粉症実態把握調査

  • 花粉症の原因
  • 花粉症の症状の程度

【2】スギ花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査

  • 花粉症の発症年齢
  • スギ花粉飛散シーズンに対策として使う、利用する、食べたり飲んだりするもの
  • スギ花粉飛散シーズンに対策として取る行動
  • 対策として効果があったもの、その中で1番効果があったもの
  • 衣服に花粉が付きにくくなる工夫をしているか、またしている場合はどのような工夫か
  • スギ花粉症の舌下免疫療法の経験有無
  • ・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ

【1】全国20,000人にきく、花粉症実態把握調査
調査対象
全国20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、全国5エリア×性別×年代の人口動態割付(合計20,000サンプル)
調査期間
2017年12月28日(木)~2018年1月5日(月)

【2】スギ花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査
調査対象
【1】の調査のうち、スギ花粉による花粉症の症状があると回答した人(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、全国5エリア×性別×年代の人口動態割付(合計1,000サンプル)
調査期間
2018年1月10日(水)
※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
記念日・季節 ランキング 平均値 健康 天気・災害
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 花粉症患者1,000名にきく、症状と対策に関する調査

To Top