icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

テレビ、VOD、無料動画・・・増える動画サービス、どう楽しむ?映像コンテンツの視聴状況調査

テレビ、VOD、無料動画・・・増える動画サービス、どう楽しむ?映像コンテンツの視聴状況調査

テレビ、VOD、無料動画・・・増える動画サービス、どう楽しむ?映像コンテンツの視聴状況調査
このエントリーをはてなブックマークに追加
昨今、映像コンテンツを視聴する様々なサービスが登場しています。「YouTube」、「AbemaTV」といった無料動画のほか、「Amazonプライム・ビデオ」、「Hulu」、「Netflix」といったビデオ・オン・デマンド(Video On Demand)と呼ばれる有料動画サービスの種類も増えてきました。一方で、映像コンテンツを楽しむデバイスとしては、まだまだ「テレビ」も大きな存在感を放っています。
そこで、チャネルや視聴デバイスが多岐にわたるようになった“映像コンテンツ”についての利用実態を探るため、全国の18~69歳の男女1,000名を対象に調査を行いました。
今、映像・動画コンテンツはどのように楽しまれているのか、その実態を探っていきます。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 普段から視聴する映像コンテンツ、「地上波テレビ(民放)」は93%と圧倒的に高い利用率。「地上波テレビ(NHK)」を押さえ、2番目に高いのは「YouTube」69%
  • 映像コンテンツはどのデバイスで見られている?「テレビ」の利用率が圧倒的で93%。「スマートフォン」の利用率も47%と、全体の半数に迫る
  • 1週間当たりの視聴時間が多いのは、テレビ番組。平均視聴時間は、「民放」9.3時間、「NHK」「CSテレビ」3.2時間、「BS放送」2.7時間。テレビ番組以外では、「YouTube」、「Amazonプライム・ビデオ」が2時間超
  • 今後の視聴意向。これからも見続けたいのは、「CS放送」「YouTube」「Amazonプライム・ビデオ」の3つが85%超

普段から視聴する映像コンテンツ、「地上波テレビ(民放)」は93%と圧倒的に高い利用率。「地上波テレビ(NHK)」を押さえ、2番目に高いのは「YouTube」69%

多種多様な映像コンテンツ・サービスが増えてきている昨今、どのようなコンテンツが見られているのでしょうか。「テレビ」「有料動画サービス」「無料動画サービス」のそれぞれについて、各映像コンテンツ名を具体的にあげ、普段視聴しているものを尋ねました。なお、各映像コンテンツについては以下を選択肢として尋ねました。

■テレビ

「地上波テレビ(民放)」、「地上波テレビ(NHK)」、「CS放送」、「BS放送」

■有料動画サービス

「Hulu」「Netflix」、「U-NEXT」、「Amazonプライム・ビデオ」、「dTV」、「ニコニコ動画(プレミアムサービス)」、「その他」

■無料動画サービス

「YouTube」、「ニコニコ動画(無料会員)」、「GYAO!」、「AbemaTV」、「TVer」、「その他」

その結果、普段視聴しているものとして最も多くの方が回答したのは「地上波テレビ(民放)」で93%にのぼります。大多数の方が、日ごろから何らかの民間放送番組を見ていることが分かりました。

次いで多かったのは、「YouTube」で69%。これは、「地上波テレビ(NHK)」の65%を超える結果となりました。2005年にアメリカで設立され、2007年6月に日本語サービスを開始した「YouTube」ですが、日本語サービス開始から10年以上たった今、日本国内で、普段使いの映像コンテンツ・サービスとして、広く浸透している様子がうかがえます。

なお、普段から視聴しているサービスは2番目の「地上波テレビ(NHK)」以降、多かった順に「BS放送」39%、「ニコニコ動画(無料会員)」14%、「AbemaTV」12%、「GYAO!」11%と続きます。

普段視聴する映像コンテンツサービス 上位7位

映像コンテンツはどのデバイスで見られている?「テレビ」の利用率が圧倒的で93%。「スマートフォン」の利用率も47%と、全体の半数に迫る

それでは、映像コンテンツの各サービスは、何のデバイスで見られているのでしょうか。普段から映像コンテンツを視聴していると回答した982名を対象に、「テレビ」、「タブレット」、「スマートフォン」、「パソコン」、「その他」の5つの選択肢で、映像コンテンツを見るのに使用しているデバイスを尋ねました。

結果、圧倒的に多かったのは「テレビ」で93%です。これは、よく見られている映像コンテンツの上位が、テレビ番組であることからも明らかな結果と言えそうです。続いて多かったのは、「スマートフォン」で47%。僅差で「パソコン」46%が続きます。「タブレット」を使用して映像コンテンツを見ている人は18%と、5人に1人以下でした。

普段映像コンテンツを何で見ているか

1週間当たりの視聴時間が多いのは、テレビ番組。平均視聴時間は、「民放」9.3時間、「NHK」「CSテレビ」3.2時間、「BS放送」2.7時間。テレビ番組以外では、「YouTube」、「Amazonプライム・ビデオ」が2時間超

それでは、各映像コンテンツは、どの程度の時間見られているのでしょうか。各映像コンテンツを普段から見ていると回答した人に対し、1週間当たりの視聴時間をそれぞれ尋ねました。ここでは、普段から視聴していると回答した人が50名以上であった映像コンテンツ1に絞って結果を確認します。

1週間当たりの平均視聴時間で比較すると、最も視聴時間が長かったのは、「地上波テレビ(民放)」で平均9.3時間でした。これは、その他の映像コンテンツと比較し、飛びぬけて長い時間です。多種多様な映像コンテンツ・サービスが生まれている昨今ですが、現時点では生活者が普段見ている映像としては、テレビの民間放送が圧倒的であることがうかがえます。

次いで平均視聴時間が長かったのは、「地上波テレビ(NHK)」と「CS放送」の2つで3.2時間。さらに「BS放送」2.7時間、「YouTube2.6時間、「Amazonプライム・ビデオ」2.3時間と続きます。

1週間当たりの視聴時間が長いコンテンツとしては、テレビ番組が上位を占める結果となりました。

1週間当たりの平均視聴時間

1:ここで比較した映像コンテンツは以下の10サービス。()内は、普段からそのサービスを見ていると回答した人数。
「地上波テレビ(民放)」(932名)、「YouTube」(691名)、「地上波テレビ(NHK)」(654名)、「BS放送」(385名)、「ニコニコ動画(無料会員)」(136名)、「AbemaTV」(118名)、「GYAO!」(111名)、「CS放送」(107名)、「Aamazonプライム・ビデオ」(105名)、「TVer」(78名)

今後の視聴意向。これからも見続けたいのは、「CS放送」「YouTube」「Amazonプライム・ビデオ」の3つが85%超

各映像コンテンツに対しての今後の視聴意向を尋ねました。「とても視聴し続けたい」「視聴し続けたい」「どちらともいえない」「視聴し続けたくない」「全く視聴し続けたくない」の5つの選択肢から、該当するものを選んでもらう形で質問を実施しています。ここでも、普段から視聴している人が50名以上であった映像コンテンツ1に絞って結果をみていきます。

比較した10サービスの中で、「とても視聴し続けたい」「視聴し続けたい」の合計が最も高かったのは、「CS放送」で87%でした。さらに「YouTube87%、「Amazonプライム・ビデオ」86%と続きます。この3コンテンツは85%以上の視聴者が、今後も見続けたいと積極的な回答をしていました。

普段からの視聴者数が最も多く、また、1週間当たりの視聴時間も最も長かった「地上波テレビ(民放)」の視聴意向はどうでしょうか?「とても視聴し続けたい」「視聴し続けたい」の合計順位では、5番目となりますが、それでも8割以上と多くの方がやはり、見続けたいとの回答をしています。

各映像コンテンツの今後の視聴意向

映像コンテンツ・サービスの種類が増え、また、映像や動画を視聴できるデバイスも多様化している昨今、テレビの視聴習慣を持たなくなる“テレビ離れ”が進んでいるのではないかと言われています。しかし、本調査結果からは、デバイスとしての「テレビ」は最も利用され、また、コンテンツとしての「テレビ」番組も多くの人に、長い時間視聴されていることが分かりました。映像コンテンツの種類が限られ、また、映像を見ることのできるシーンも少なかった昔と比較すると、テレビの影響力は弱くなっているとも言われますが、それでも数多ある映像コンテンツの中で、まだまだ「テレビ」の影響力は強いと判断することが出来そうです。

本調査結果のより詳細な分析は、 MarkeZine2月号“データで読み解く「映像コンテンツの視聴実態」”に掲載されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 映像コンテンツを視聴するシーン
  • 映像コンテンツの視聴する頻度
  • 映像コンテンツにおけるCMの視聴状況
  • 映像コンテンツにおけるCMの煩わしさ
  • …など
調査概要
調査主体
マクロミル(HoNote)と翔泳社(MarkeZine)の共同調査
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国18歳~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2017年12月5日(火)~2017年12月6日(水)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
エンタメ テクノロジー
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. テレビ、VOD、無料動画・・・増える動画サービス、どう楽しむ?映像コンテンツの視聴状況調査

To Top