icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

もしもにどう備える?ドライブレコーダーはつけている?車や運転に関する実態、意識を調査!

もしもにどう備える?ドライブレコーダーはつけている?車や運転に関する実態、意識を調査!

もしもにどう備える?ドライブレコーダーはつけている?車や運転に関する実態、意識を調査!
このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、高齢者の運転ミスによる交通事故や、飲酒運転、煽り運転による交通事故など、クルマの事故に関する報道を耳にすることも多くなっています。私たちもいつか交通事故に巻き込まれるかもしれない。そのような不安がある状況の中で、一般のドライバーは、普段の運転や事故の備えについてどのように考えているのでしょうか?

全国18~69歳の男女10,000名を対象者に、運転免許及び自家用車の保有実態について、調査を実施しました。
また、その中から月に1回以上、自動車を運転するドライバー1,000名に対して、普段の運転に関する意識や、ドライブレコーダー等の事故の備えに関する調査を行いました。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 自家用車の世帯保有率は、76%。カーシェアリングの利用経験率は5%程度
  • 月1回以上運転する人は76%。その3分の2は、40歳以上
  • ドライバー(月1回以上運転)のドライブレコーダーの利用率は26%。 非利用者の65%が今後の設置に前向き
  • 「免許を自主返納できること」についてはドライバーの8割が認知。また、6割が「自分もいつか返納する」ことを想定

自家用車の世帯保有率は、76%。カーシェアリングの利用経験率は5%程度

まずは全国の1869歳の方10,000人に対して、自家用車の世帯における保有状況を尋ねました。自家用車の世帯保有率は全体で76%、その中でも特に男性40代以上ではスコアが8割を超えており、世帯保有率が高くなっている状況です。反対に10代や20代では自家用車の世帯保有率は比較的低くなっています。

自家用車の世帯保有率

また、昨今、車両台数や会員数が増加していると言われているレンタカーやカーシェアリングなどの利用状況はどのようになっているのでしょうか。カーシェアリングにフォーカスして利用有無を尋ねました。世帯において「現在カーシェアリングを利用している」と回答した方は、全体の2.6%。「以前利用したことはあるが、現在カーシェアリングは利用していない」と回答した方が2.8%、合わせて約5%の方が、カーシェアリングの利用経験者(世帯における利用経験)であることがわかりました。なお、性年代別にみると、男性20代で比較的利用経験率が高く、16%となっています。

カーシェアリングの利用経験率

月1回以上運転する人は76%。その3分の2は、40歳以上

全国10,000名に運転免許の保有状況を尋ねたところ、運転免許の保有率1は、85%8,512名)でした。続いて、運転免許の保有者に対して、プライベートでの車の運転頻度を尋ねたところ、33%がほぼ毎日と回答しました。また、運転頻度月1回以上の方が免許保有者の約76%を占めている状況です。

1:「大型自動車運転免許」、「中型自動車運転免許」、「準中型自動車免許」、「普通自動車運転免許」のいずれかを保有している方

運転する頻度

さらに、その月1回以上運転者の性年代構成比を確認すると、男女とも40代の割合が高くなっています。40歳以上の方の割合は67%に及んでおり、月1回以上運転者の約2/340歳以上であることが、ここから見てとれます。

月1回以上運転する人の性年代構成比

ドライバー(月1回以上運転)のドライブレコーダーの利用率は26%。 非利用者の65%が今後の設置に前向き

続いて、ドライバーの普段の運転に対する意識や、事故に対する備え状況について確認するため、月に1回以上運転するドライバー1,000名を対象に調査を行いました。

ドライバーの中には、最近増えている“煽り運転”の事件を受け、自家用車にドライブレコーダーを設置したという方もいるかもしれません。そこで、自家用車を保有している方(965名)を対象に「ドライブレコーダー」の利用状況を尋ねました。その結果、約4人1人、全体の26%が「ドライブレコーダー」を利用していると回答しています。

ドライブレコーダーの利用有無

また、保有している自家用車でドライブレコーダーを利用していない方、あるいは、今現在は自家用車を保有していない方に対して、今後ご自身が運転するクルマで「ドライブレコーダー」を利用したいかを尋ねたところ、これらの方の65%が利用意向を示しています。

ドライブレコーダーの今後の利用意向

 

多くの方が「ドライブレコーダー」利用の意向を示していますが、その理由やきっかけとしては、以下のような意見が多く挙がりました。

 

<ドライブレコーダーを利用したい理由>

ベース:保有している自家用車でドライブレコーダーを利用していない、もしくは、現在自家用車を保有していない方(n=752)/自由回答

  • 煽り運転、追い越し、追い越した後の停車などの迷惑行為をTVで見て、自分もそのような被害にあったときに証拠になるものがあれば良いなと思うため。(女性、40歳)
  • 煽り運転などの問題がニュースで取り上げられるようになり、もしあおり運転の被害や交通事故に合った時に証拠となる映像を残せるから。(女性、46歳)
  • 理不尽な割り込みや運転などで事故に合う、もしくは巻き込まれた時などの証拠用。(男性、27歳)
  • 万が一事故したときに、ドライブレコーダーが事故の内容が、よくわかるし警察署や保険会社の事故判断に役立つので、ドライブレコーダーを利用したいと思います。(男性、68歳)
  • 様々な事故や事件をテレビのニュースなどで見ていて怖いと感じ、原因が相手、または自分にあるなしに関係なく、事故が起こった時の証拠にするためや、トラブル防止のため。(女性、47歳)
  • 事故にあった時に証拠として画像がのこり、自分を守る手段にできそうだと思うから。(女性、28歳)

「免許を自主返納できること」についてはドライバーの8割が認知。また、6割が「自分もいつか返納する」ことを想定

高齢者の運転ミスによる事故が増加していることを背景に、運転免許の返納制度について、様々な議論がなされています。では実際に、免許を返納できることは、どの程度浸透しているのでしょうか。ドライバー1,000名に尋ねたところ、81%が「知っていた」と回答しており、「なんとなく聞いたことがあった」16%を合わせると、認知率は97%に及びます。

「免許を返納できること」の認知

また、意識を見ていくと「自分もいつかは免許を返納しようと思う」が62%、他方「体力が衰える年齢になっても、自分は運転をし続けたい」が27%となっており、多くの方は、いつか運転を諦める時期が来ることを想定している様子でした。

しかし、強制返納に関しては肯定派が37%程度で、決して多い訳ではありません。返納が強制されることは望まず、あくまで自主的に返納できることが重要と考える方が多いと推測されます。

免許返納に関する意識
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 保有している運転免許の種類
  • 保有車のボディタイプ
  • 運転頻度
  • 運転シーン
  • カーシェアの利用理由
  • カーシェアの満足度
  • 同居家族

  • ・・・など

調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ

【1.全国1万人に聞く、車や運転に関する実態把握調査】
調査対象
全国18歳~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計10,000サンプル
調査期間
2018年5月10日(木)~11日(金)

【2. 月1回以上運転者1,000名に聞く、車の運転に関する意識調査】
調査対象
「①18~69歳の車の運転・所持に関する実態把握調査」のうち月1回以上運転する方
割付方法
「①18~69歳の車の運転・所持に関する実態把握調査」の月1回以上運転する方の 性・年代別比率に基づいて割付/合計1,000サンプル
調査期間
2018年5月11日(金)~12日(土)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
シニア 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. もしもにどう備える?ドライブレコーダーはつけている?車や運転に関する実態、意識を調査!

To Top