icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この調査レポートを
無料ダウンロード

お口の健康、意識してる?予防歯科や審美歯科の利用状況は?大人の口内環境・歯のケアに関する調査

お口の健康、意識してる?予防歯科や審美歯科の利用状況は?大人の口内環境・歯のケアに関する調査

お口の健康、意識してる?予防歯科や審美歯科の利用状況は?大人の口内環境・歯のケアに関する調査
このエントリーをはてなブックマークに追加
6月4日~10日は、「歯と口の健康週間」です。これは厚労省・文部科学省・日本歯科医師会が1958年から実施していているもので、歯と口の健康に関する正しい知識の啓蒙活動や、医師疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、私たちの健康の保持増進を目的とした週間です。

昨今、予防医療などに関心が集まる中、生活者は歯や口内環境に対してどのような意識をもっているのでしょうか。全国の20~69歳の男女1,000名を対象に口内の悩み・口臭が気になるか・ホワイトニングの経験有無など、口内環境についての調査を行いました。
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
TOPICS
  • 大人の口内の悩みで多いもの、1位は「口臭」で21%。次いで「歯の着色・変色」、「虫歯」
  • 自分の口臭が気になる人は6割超。そのタイミングは「朝起きたとき」「口の中が乾燥している時」
  • 「予防歯科」や「審美歯科」の利用状況は?歯医者の定期診察に行く人は63%、また、ホワイトニングの経験者は16%
  • 歯磨きのスタンダードは?「歯を磨く頻度」、「歯を磨く時間」、「歯ブラシの交換頻度」のよくあるパターン
  • 歯医者や予防歯科、審美歯科に関する新しいサービス・アプリのアイデア集!

大人の口内の悩みで多いもの、1位は「口臭」で21%。次いで「歯の着色・変色」、「虫歯」

20~69歳の男女1,000名に、口内の悩みについて尋ねました。今までに悩んだことのある症状として、最も多かったのが「虫歯」61%、次いで「口臭」38%、「歯の着色・変色」35%、「歯石」34%でした。

このように、過去の悩みとして圧倒的に多かったのは「虫歯」で、6割超の方が虫歯の経験があることがわかります。一方で、口内で何も悩んだことのない人も15%いることが分かりました。

口内の悩み(過去に悩んだことのあるもの)上位5位

それでは、今現在の口内の悩みについてはどうでしょうか。確認してみると、68%の人が何かしらの悩みを抱えていることがわかりました。現在の悩みとして最も多かったのは「口臭」で21%、次いで「歯の着色・変色」21%、「虫歯」19%でした。いずれも2割程度が該当しています。

口内の悩み(現在悩んでいるもの)上位5位

年代別に確認すると、世代によって悩みに特徴がみられました。2030代で最も多い悩みは「歯の着色・変色」、40代・50代で最も多い悩みは「口臭」(50代では「虫歯」も1位)、60代では「歯周病」であることがわかります。またどの年代でも、「口臭」は悩みの上位3位内にあがっており、年代を問わず気にしている人が多い様子がうかがえます。

口内の悩み(現在悩んでいるもの)年代別上位3位

自分の口臭が気になる人は6割超。そのタイミングは「朝起きたとき」「口の中が乾燥している時」

それでは、“悩む”まではいかなくとも、自分の口臭を“気にしている”人はどのくらいいるのでしょうか。また、口臭が気になるのはどのようなタイミングが多いのでしょうか。口臭にフォーカスして尋ねました。

結果、自分の口臭について、「とても気になる」が16%、「やや気になる」は46%で合わせて62%が“自分の口臭が気になる”と回答しました。

自分の口臭が気になるか

それでは、どのようなタイミングで自分の口臭が気になるのでしょうか。口臭が気になると回答した方(616名)に尋ねたところ、最も多かったのが「朝起きた時」63%、次いで「口が乾燥している時」50%でした。この2つのタイミングは過半数に達しており、3位「体調が優れない時」以降とスコアの差が開きました。

自分の口臭が気になるタイミング 上位5位

「予防歯科」や「審美歯科」の利用状況は?歯医者の定期診察に行く人は63%、また、ホワイトニングの経験者は16%

昨今、虫歯等になってから治療に行くのではなく、事前に対策をしておく「予防歯科」の重要性が注目されてきています。また、歯の病気の治療を目的とするのではなく美しい口元を作ることを目的とした「審美歯科」も浸透してきました。これらはどの程度浸透しているのでしょうか。

ここでは、「予防歯科」の一例として“歯医者への定期検診”へ通う頻度を、「審美歯科」の一例として“歯のホワイトニング”の経験の有無を、尋ねた結果をご紹介します。

「歯医者へ定期診察に行っていますか?」と尋ねたところ、定期診察に行っている人は63%、行っていない人は37%という結果でした。定期診察に行く頻度は、「1カ月に1回以上」と高頻度の人が5%、「23カ月~半年に1回程度」が29%、「1年に1回程度」が11%でした。定期検診に行っていると回答してはいても、行く頻度が低い方もいる様子で「23年に1回程度」は7%、それよりも低い頻度と回答した方は12%にのぼっています。

歯医者に定期検診に行く頻度

また「歯のホワイトニングをした経験がありますか?」と尋ねたところ、16%が経験アリ、84%が未経験でした。ホワイトニングの方法としては、「ケア用品を使って自分で行った」が9.4%、「歯科で審美治療した」が7.4%です。

一方で、歯のホワイトニング未経験者(842名)に対し、興味の程度を尋ねると、56%の方がホワイトニングに「興味がある」1と回答しています。経験はない方でも過半数と多くの方が興味を持っていることがわかります。

1:「とても興味がある」13%、「少し興味がある」41%の合計値

歯のホワイトニングへの興味の有無

歯磨きのスタンダードは?「歯を磨く頻度」、「歯を磨く時間」、「歯ブラシの交換頻度」のよくあるパターン

子どもの頃は、幼稚園や保育園、学校等で歯磨き指導があり、自分の歯磨き方法を見直す機会があるものですが、年齢を重ねていくにつれ、自分がどう歯を磨いているか、また、他人がどのように歯磨きを行っているかを話す機会は減っていくのではないでしょうか。日本人の歯磨きのスタンダードをさぐるべく、「歯を磨く頻度」、「歯を磨く時間」、「歯ブラシの交換頻度」について尋ねました。

歯を磨く頻度

1日あたりの歯を磨く平均回数を尋ねました。最も多かったのが「2回」で49%、次いで「3回」が23%、「1回」が21%でした。「4回以上磨く」は3.5%、「1回未満(磨く日もあれば磨かない日もある)」は3.7%です。

歯磨き頻度のスタンダードは、1日「2回」であると言えそうです。

歯を磨く時間

1回あたりの歯磨きにかける時間を尋ねました。最も多かったのが「13分未満」で43%、次いで「35分未満」で37%、「510分未満」が13%でした。「10分以上磨く」方も4.4%いることが分かりました。

歯を磨く時間のスタンダードは、1回あたり「13分」であると言えそうです。

歯ブラシの交換頻度

歯ブラシを交換するタイミングを尋ねました。最も多かったのが「23ヵ月に1回程度」で39%、次いで「月に1回程度」で37%でした。75%と大多数の方が、3カ月以内に1回以上歯ブラシを変えていることが分かります。

歯ブラシ交換頻度のスタンダードは、「3カ月に1回以上」と言えそうです。

 

ただしこれらはあくまで、本調査結果から導き出された歯磨きの最も多いパターンであって、口内環境を健康に保つための推奨回数ではありません。口内環境を健康に保つためには、歯医者等専門家の意見を聞くことが大切です。

歯医者や予防歯科、審美歯科に関する新しいサービス・アプリのアイデア集!

歯の治療や予防、検診ついて、こんなサービスやアプリがあったら便利だな、と思うものについて、自由回答でアイデアを募りました。様々な回答が集まりましたので、一部抜粋してご紹介します。

 

<歯の治療・予防・検診のサービス・アプリアイデア>

ベース:全体(n=1,000)/自由回答

歯医者に関するアイデア

  • アプリで簡単に予約できて、待ち時間なしで診察してもらえる。(47歳、女性)
  • 前回の検診から一定の期間が立つと、メールにその旨のお知らせが来て、予約が取れる。(67歳、女性)
  • 緊急でみてくれる歯科医院の一覧アプリ。(57歳、男性)
  • 歯医者でいちばんいやなのは、機械の音です。あの音を消して治療してほしい。(64歳、女性)
  • ドライブスルー受診で、車に乗ったまま受付から診察・検診までやってもらえるサービス。電話予約でなく、車でインターホン越しに予約して、何時間後にまた来てくださいという受付方式。(45歳、男性)
  • 次の定期健診の時期ですよ、予約は取りましたか?と知らせてくれるアプリが欲しいです。いつも予約を忘れてハッとするので。歯ブラシの取り替え時期も教えて欲しい。(47歳、女性)

歯のケア方法に関するアイデア

  • カメラのついた歯ブラシ(みがきづらい奥歯をスマホに接続して面面を見ながらみがける機具)があれば、便利。(44歳、男性)
  • 歯ブラシやデンタルペーストを定期的に宅配してくれて、支払いは歯医者で診察時にまとめてする。(52歳、男性)
  • 口の中の様子をムービー等で事前に送信しケア方法のアドバイスを頂きたいと思う。歯磨きの様子を撮ったりして指導を頂きたいと思う。(41歳、男性)

予防歯科に関するアイデア

  • 唾液を調べると、虫歯や歯周病口臭の原因などがわかり、ケアの仕方を教えて貰える。(56歳、女性)
  • 虫歯菌が増えているかどうか知りたい。スマホで口臭のレベルを測定してほしい。(35歳、女性)
  • 歯の症状を質問形式で、答えると、病気の可能性が発見出来たり、予防できたりする。(61歳、男性)

審美歯科に関するアイデア

  • スマートフォンのカメラで歯の写真を撮って、歯並び、白さ、健康度合いを点数化して表示してくれるアプリ。(55歳、男性)
  • 自分の写真で、歯の矯正やホワイトニングした後のシミュレーションができるサービス。(53歳、女性)
  • 歯列矯正後のシミュレーションができるアプリ。(63歳、男性)
  • 歯列矯正をしたいと思った場合、カメラを向けると、歯並びを認識して徐々に経過日数ともに歯並びがどう改善していくのかをシュミレーションしてくれるアプリ。(36歳、男性)
  • ホワイトニングや歯石除去などのクリニックや美容機関の情報を検索できるアプリ。アメリカでは歯を大事にする文化があるらしく、そういったコラムなども読めたら意識があがるかも。(28歳、女性)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この調査レポートを無料でみる この調査レポートを今すぐ無料ダウンロードする
他にもこんな調査結果があります!
掲載したもの以外にも、さまざまな設問・調査結果がございます。詳細データは、無料レポート・グラフ集に掲載しています。ダウンロードしてご覧ください。
その他の項目
  • 口臭が気になる時の対策
  • 周りの人(家族・友人・恋人・同僚)の口臭について
  • 歯医者の定期診察の平均治療代
  • ホワイトニングにかけた費用
  • 歯ブラシと電動歯ブラシの利用比率
  • 歯の手入れ方法

  • ・・・など

調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間
2018年5月11日(金)~2018年5月12日(土)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
健康
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. お口の健康、意識してる?予防歯科や審美歯科の利用状況は?大人の口内環境・歯のケアに関する調査

To Top