icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

スマホは大手キャリア派?格安スマホ派? MVNOユーザーの特徴を分析!

スマホは大手キャリア派?格安スマホ派?MVNOユーザーの特徴を分析!

スマホは大手キャリア派?格安スマホ派? MVNOユーザーの特徴を分析!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月、楽天株式会社は、携帯電話キャリア(MNO)としての認可を受けたことを発表しました。au、ドコモ、ソフトバンクに続く「第4のキャリア」として2019年4月のサービス開始を予定しています。一方で、格安SIM・格安スマホ等と呼ばれるMVNOを提供する会社は多く、MVNOのサービス契約数は年々増加しています。総務省の発表によると、2017年12月末時点でのMVNOのサービス契約数(※)は1,764万件で、移動系通信の契約に占める比率は10.3%にのぼります。
※MNOであるMVNOの契約数を除いた数値。

増加傾向にあるMVNOユーザーはどのような特徴があるのでしょうか。当社の保有するデータベース「ブランドデータバンク(bdb)」から、スマートフォンユーザー(21,037名)を抽出し、さらにその中からMVNOユーザー(4,282名)を抽出したうえで、スマートフォンユーザー全体とMVNOユーザーとの価値観やデモグラフィック情報を比較し、MVNOユーザーの特徴を探りました。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 興味・関心のあること:家電・PC、資産運用に興味あり
  • 消費価値観の特徴:物欲は少なく、気に入ればブランドや評判は気にならない。情報に踊らされるのには“うんざり”
  • 購買行動価値観の特徴:評判や口コミをチェックしてから買い物することが多い、人出の多いところは好きではなく、オンライン販売や通販を利用、欲しいものは、セールで安く手に入るまで待つ

興味・関心のあること:家電・PC、資産運用に興味あり

最初に、興味・関心のある項目1を確認しました。その結果、MVNOユーザーは、「PC・家電」「資産運用」「インターネット」に対する興味関心が高い傾向にあることが分かりました。

1:以下の48項目から興味・関心のある項目を複数選択にて聴取(旅行・レジャー、映画・観劇、ライブ・イベント、スポーツ観戦、外食・グルメ、TV・番組・有名人、デザイン、PC・家電、AV/CDDVD、インターネット、雑貨・インテリア、お茶・コーヒー・紅茶、お菓子・食品、ファッション、通販・オンラインショッピング、ゲーム、習い事(趣味)、美容、コスメ、アート、音楽、クルマ・バイク、自分でするスポーツ、ダンス、アニメ・漫画、本・雑誌、日本酒・焼酎、ビール類・チューハイ、ワイン・ウイスキー・洋酒、花・園芸・ガーデニング、ペット、癒し・ストレスフリー、手芸・工芸、日曜大工・DIY、エコロジー、ギャンブル、恋愛・結婚、ビジネス、語学、生涯学習、家事・料理、健康・医療、資産運用、貯蓄、子育て、住宅・土地、介護・福祉、その他、なし)

興味関心のある事/スマホユーザー全体と、MVNOユーザーの比較

PC・家電」に着目すると、MVNOユーザーの特徴が出ていたのは“自宅で所有しているAV・通信関連機器”で、「外付けハードディスク」の所有率は35%、「デスクトップPC」の所有率は42%で、それぞれスマホユーザー全体よりも5.1ポイント/3.8ポイント高い結果でした。

また、「資産運用」に着目すると、“保有している金融資産・不動産資産”においてスマホユーザー全体よりも保有率が高かったものは、「国内株式」20%、「投資信託」14%で、それぞれ4.3ポイント/3.9ポイント高い結果となりました。また、「円の普通預貯金」72%、「円の定期預貯金」34%で、それぞれ5.6ポイント/3.6ポイント高く、貯蓄に対する意識も高い傾向にある様子がうかがえます。

消費価値観の特徴:物欲は少なく、気に入ればブランドや評判は気にならない。情報に踊らされるのには“うんざり”

続いて、消費価値観2を確認しました。MVNOユーザーは、スマホユーザー全体と比較し、「今、本当に欲しいと思えるものは少ない」で5.0ポイント、「自分が気に入れば、ブランドや評判は気にならないほうだと思う」で4.0ポイント、「情報に踊らされるのは、もううんざりしている」で3.5ポイント高いスコアが出ていました。

※2:以下の12項目から該当する項目を複数選択にて聴取(新商品が出ると情報をチェックせずにはいられない、次から次へと欲しいものが出てきて困る、情報に踊らされるのは、もううんざりしている、今、本当に欲しいと思えるものは少ない、自分が気に入れば、ブランドや評判は気にならない方だと思う、周りの人とは違うものを持ちたいと思っている、人が持っているのを見て、思わず欲しくなってしまうことが多い、一番売れているものなら、間違いがないと思う、仲間から意見を求められたり、相談されることがよくある、良いと思ったものは、思わず他人にも勧めたくなってしまう、友人たちと何かをするときは、誘うことより誘われることの方が多い、人に助言するのは得意なほうではないと思う)

購買行動価値観の特徴:評判や口コミをチェックしてから買い物することが多い、人出の多いところは好きではなく、オンライン販売や通販を利用、欲しいものは、セールで安く手に入るまで待つ

購買行動価値観3を確認します。MVNOユーザーの特徴として最も際立っていたものは「商品の評判や口コミをチェックしてから買い物することが多い」でスマホユーザー全体よりも6.7ポイント高い結果でした。また、「人出の多いところはあまり好きではない」は4.8ポイント、「欲しいものはセールで安くなるまで待つ」は4.7ポイント、「時間や手間がかからないオンライン販売や通販等は便利だと思う」は4.6ポイント高い結果でした。

この傾向は、利用しているインターネットメディアについても出ており、「価格比較サイト・情報サイト」の利用率は34%で、スマホユーザー全体の28%よりも、5.3ポイント高く出ています。

購買行動価値観/スマホユーザー全体と、MVNOユーザーの比較

3:以下の20項目から該当する項目を複数選択にて聴取(多くの人が訪れる話題のスポットなどへ出かけるのが好きだ、人ごみには慣れている、人出の多いところはあまり好きではない、基本的に、外出するのはあまり好きではない、体を動かすのが好きだ、多人数で出かけて楽しむことが好きだ、待ち時間が長くても、あまり気にならない、時間や手間がかからないオンライン販売や通販などは便利だと思う、一度他人が使ったものに価値はないと思う、覚えのないDMやメールでも、興味があれば内容をチェックする、消耗品などは気に入ったものを繰り返し使い続ける、貯めたポイントは期限を調べ、使えるうちにまめに商品や特典と交換する、欲しいものはセールで安く手に入るまで待つ、これだ、と思う商品に出会ったら、迷わず購入することがよくある、ある程度の品質を維持するには、それなりの価格が必要だと思う、メーカーやブランドがわからないものには手をださない、商品の出所や材料などの情報を調べるのが好きだ、商品の評判や口コミをチェックしてから買い物をすることが多い、これだ、と思って衝動買いした商品の中には、意外と失敗は少ないように思う、一度使って気に入った商品は同じシリーズやその会社の別商品を購入する)

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 生き方価値観
  • メディア価値観(インターネット)
  • 自宅で所有しているAV・通信関連機器
  • 保有している金融資産・不動産資産
  • 美容やメイクに関する価値観(女性のみ)
  • スキンケアに関する価値観(女性のみ)
  • ・・・など
調査概要
分析対象
MVNOユーザー/4,282名(マクロミルモニタ会員)
比較方法
スマートフォンユーザー/21,037名(マクロミルモニタ会員)
  • ※ ブランドデータバンク(bdb)プロファイル分析は、ブランドデータバンク第26期調査(2017年12月実施)から抽出したデータを元にしています。
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
テクノロジー
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. スマホは大手キャリア派?格安スマホ派?MVNOユーザーの特徴を分析!

To Top