ライブコマースの利用状況を大調査!ライブ配信の視聴も商品の購入も男性が積極的

B!
ライブ配信を視聴しながらインターネット上で買い物ができる「ライブコマース」。新しいEコマースの形として注目され、日本でも『メルカリチャンネル』『SHOPROOM』、『Live Shop!』、『MimiTV』などが続々と登場しています。2018年現在、どれくらいの人がライブコマースサービスを知っていて、実際に買い物をしているユーザーはどのように利用しているのでしょうか。
そこで今回は、ライブコマースサービスの利用状況を調査しました。最初に、15歳から49歳の男女2万人に利用実態把握調査を行い、その中から、実際にライブコマースサービスで商品を購入したことがあると回答した方400人を抽出してユーザー調査を実施しました。
TOPICS

ライブコマースサービス、認知率は30%。若い年代ほど認知率が高く、10代は40代の2倍で40%

はじめに、15歳から49歳の男女2万人に対して、ライブコマースサービスの認知状況を確認しました。“ライブ配信を視聴しながら買い物ができるインターネットサービス(アプリ)を知っているか”と尋ねたところ「知っている」は30%、「知らない」は70%で、認知率は30%でした。1

なお、ライブコマースサービスの認知率には年代差が見られ、認知率が最も高いのが10代で40%、続いて20代が37%、30代が30%、40代が22%となっています。10代は40代のおよそ2倍で、ライブコマースサービスは若い世代ほど認知率が高いことがわかります。

1:アンケート上では、ライブコマースサービスの例として以下サービスを記載。
「メルカリチャンネル、SHOPROOMLive Shop!MimiTVPinQulBASEライブ、me & starsなど」

ライブ配信を視聴し購入に至る割合、男性の方が高く、女性の2倍!

ライブコマースサービスの認知者5,941名に対して、ライブコマースサービスの視聴と購入の経験を尋ねました。ライブ配信を視聴したことがある2人は41%。また、視聴した上で商品を購入したことがある人は14%です。

なお、男女では傾向に差が見られ、男性は視聴したことがある人が49%に対し、商品購入までしたことがある人は20%で、視聴経験者の41%が購入に至っています。一方女性は、視聴したことがある人32%に対し、商品購入までしたことがある人は7%で、視聴経験者の23%が購入に至っています。ライブ配信の視聴経験は男性の方が高く、買い物をする割合も女性の約2倍と、積極的にライブコマースを利用しています。

2:「視聴し、商品を購入したことがある」と「視聴したことはあるが、商品の購入はしたことがない」の合計

ライブコマースサービスで買うものは、「服」がダントツ。ユーザー1人あたりの購入金額は、月平均6,512円

ここからは、ライブコマースサービスで購入経験がある400人に対して行った、ユーザー調査の結果をご紹介します。

まずはどのような商品が購入されているのかを見るため、21個の選択肢3の中から今までに買ったことがあるものを選んでいただきました。結果を見ると、最も買われていた商品は「服」で66%、次いで「アクセサリー・時計」37%、「家電」30%、「書籍・雑誌・コミック」「音楽CDDVD・ブルーレイ」27%と続きます。1位と2位のスコアには30ポイントもの差があり、多くのユーザーが服を購入していることがわかります。

またこの半年間に、ライブコマースサービスの買い物に使った1カ月あたりの金額を確認したところ、平均金額は6,512円でした。4

※3:服、アクセサリー・時計、ベビー・キッズ・マタニティ用品、コスメ・香水・美容、家電、パソコン・スマホ、テレビ・オーディオ・カメラ、家具・インテリア、食器・日用品、食品・飲料、ペット用品、花・ガーデニング、スポーツ・アウトドア用品、ホビー・楽器、書籍・雑誌・コミック、音楽CDDVD・ブルーレイ、おもちゃ・ゲーム、ハンドメイド、チケット、自動車・バイク・自転車、その他

※4:「この半年間は買い物をしていない」と回答した人は除いて算出

ライブコマースを利用する理由は?1位「出品者が紹介する商品を買いたい」41%、2位は「商品の詳細がリアルタイムで質問できる」40%、3位は「ショップ店員と話すように、買い物ができる」35%

世の中には、様々な買い物の仕方があります。その中でもライブコマースという形態で買い物をする理由は何なのでしょうか。利用理由の1位は、「出品者が紹介する商品を買いたい」で41%、2位は「商品の詳細(サイズ感、着心地/色、香り、味など)がリアルタイムで質問できる」で40%、3位は「ショップ店員と話すように、買い物ができる」35%、4位「買いたい瞬間に、簡単に購入できる」33%、「出品者とのコミュニケーションが楽しい」32%でした。

このように、生放送のライブ配信を見ながら買い物ができる、というライブコマースの特徴が、ユーザーを惹きつけているようです。例えば“ライブ配信”では、芸能人やインフルエンサーが実際に商品を紹介し、リアルタイムで買える状況があります。「出品者が紹介する商品を買いたい」が利用理由の1位だったことは、これが背景になっているのかもしれません。また、2位「リアルタイムに質問できる」では、例えば服のサイズ感や質感などを質問する場合、通販等ではメールでのやり取りが発生するなど時間のロスがありました。その場で会話し、確認できることに満足している様子がうかがえます。また3位「ショップ定員と話すように」は、女性だけの回答に絞ってみると1位でした。ネットでありながら、実際の店舗で買い物をしているような購買体験もうけているようです。

一方で、ライブコマースサービスでの“困った経験”はどのようなものがあるのでしょうか。自由回答形式から抜粋して紹介します。

 

●ライブコマースサービスを利用して、困った経験
ベース:全体(n=358/任意回答)

  • コメントが流れてしまい、購入できない。(15歳、女性)
  • 買うよりもライブの方に集中してしまう。(18歳、男性)
  • 誹謗中傷をされた。(21歳、男性)
  • コミュニケーションが苦手で緊張した。(25歳、女性)
  • Wi-Fiがつながっていないところで見ると、データをすごく食う。(28歳、女性)
  • 届いてみるとイメージが結構違った。(28歳、男性)
  • 商品で釣って、出会いを求めている人もいました。(29歳、男性)
  • ライブ配信のテンションが合わないことがある。(30歳、男性)
  • 送料込みなのに、着払いをされてしまった。届いたものが破損していた。(女性、32歳)
  • リアルタイムでしか見られない。(女性、34歳)
  • 良いことばかり紹介されて、商品の欠点が分からない。(女性、36歳)
  • はじめは仕組みややり方がわからなかった。(男性、37歳)
  • ライブ配信中に欲しい商品が売れてしまって、購入できなくてガッカリしたことがあります。質問に答えてくれなかったこともあります。(男性、43歳)
  • 色味が分かりにくいと思ったことがありました。(女性、44歳)
  • ライブ配信がつながりにくかったり、つながっても重かったりするときがある。(男性、45歳)

利用意向、「今後も買い物をしたい」が85%!「今後は視聴だけ」も13%

では、今後の利用意向についてはどうなのでしょうか。ライブコマースを、今後も使い続けたいかどうかを尋ねました。その結果、「今後もライブ配信を視聴し、買い物をすると思う」が85%で、利用継続の意向を示す人が圧倒的に多い結果でした。リアルタイムでのコミュニケーションならではの困った経験や、そもそものネット上や通販でのお買い物ならではの困った経験も多く集まりましたが、現ユーザーの多くは、今後も利用し続けたいと思っていることがわかりました。

B!
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • ライブコマースサービスのアプリの利用個数
  • ライブコマースサービスのライブ配信視聴頻度と、商品購入頻度
  • ライブコマースサービスに対する満足度
  • ライブコマースサービスの今後の利用意向、その理由 ・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ

【(1)全国2万人にきく、ライブコマース利用実態把握調査】
調査対象
全国15歳(高校生以上)~49歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計20,000サンプル
調査期間
2018年6月14日(木)~2018年6月15日(金)

【(2)ライブコマースユーザー400名にきく、利用状況調査】
調査対象
(1)の調査において、ライブコマースのライブ配信を視聴し、商品を購入したことがあると回答した人(マクロミルモニタ会員)
割付方法
調査対象条件の出現率に基づき、性別×年代で割付/合計400サンプル
調査期間
2018年6月15日(金)~2018年6月16日(土)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このタグの他の記事を見る
テクノロジー ファッション
B!