icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

共働き夫婦の家事分担調査(2018年)【インタビュー調査編】夫婦が納得して家事分担を行うためのポイントとは!?

2018年 共働き夫婦の家事分担調査(定量調査編)。若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに

共働き夫婦の家事分担調査(2018年)【インタビュー調査編】夫婦が納得して家事分担を行うためのポイントとは!?
このエントリーをはてなブックマークに追加
11月22日は「いい夫婦の日」。女性の社会進出が進み、共働き夫婦の家庭の家事事情は一昔前とは変化していそうです。そこで夫婦ともにフルタイムで働いている20~40代の既婚男女1,000名に、夫婦の家事分担状況を調査しました。なお当調査は、2018年8月に公開した『2018年 共働き夫婦の家事分担調査(インタビュー調査編)』の第二弾、定量調査編です。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 夫婦ともにフルタイムで働く家庭は、25%
  • フルタイムの共働き家庭、家事分担事情。妻がメインは64%、妻と夫で分担は31%
  • 家事分担比率の“理想と現実”。理想は「夫50%妻50%」、しかし現実は「夫10%妻90%」
  • 若い年代ほど分担進む。“妻がほぼ家事を担う家庭”、20代は40代の半分

夫婦ともにフルタイムで働く家庭は、25%

最初に共働きの実態について、別途実施した2万人調査1の結果から確認しました。

夫婦同居家庭のうち、「共働き2」は、2046%、3052%、4061%と年代が上がるに連れて増加しています。共働きの内訳は、「夫婦ともにフルタイム勤務」が各年代ともに25%前後、「“夫婦ともにフルタイム勤務”以外」は20代が20%、3027%、4038%と年代が上がるに連れ増加しています。また、共働きではない家庭は年代が上がるに連れ減っていることから、夫婦のどちらかが“フルタイム以外”の形態で就業する家庭が増加している傾向が読み取れます。

1:対象者(フルタイム共働き夫婦)抽出のために事前に行なった2万人調査(性別×年代別の人口動態割付)の結果より

2:「共働き(夫婦ともにフルタイム)」+「共働き(夫婦のどちらかががフルタイムではない、夫婦ともフルタイムではない)」の合計

夫婦の就業状況 年代別

フルタイムの共働き家庭、家事分担事情。妻がメインは64%、妻と夫で分担は31%

ここから、フルタイムで共働きをしている夫婦1,000名にうかがった、家事の分担状況についての結果をご紹介します。

家事について、「妻がほとんど担う」は27%、「妻が主だが、夫も少し分担」が38%で、あわせて64%3の家庭では妻がメインで家事を担っていることが示されました。なお、「妻と夫で分担」しているという家庭は31%です。

3:百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っています

夫婦の家事分担状況

家事分担比率の“理想と現実”。理想は「夫50%妻50%」、しかし現実は「夫10%妻90%」

ここから具体的に、夫婦間で何%ずつ家事を分担することが理想だと考えられているのか?それに対して実際はどうなのか?理想と現実について見ていきます。

理想では、「夫50%:妻50%」と夫婦平等に分担したい人が4割で最多でした。次に多いのは妻の方がやや高めが理想だという回答で、「夫40%:妻60%2割、「夫30%:妻70%2割となっています。

一方、現実に目を向けると、最多は「夫10%90%」が2割、次いで「夫20%80%」も2割弱と、妻の負担が多い順に続きました。最も理想だと考えられている「夫50%:妻50%」を実現している夫婦は1割程度で、理想と現実の間には大きな開きがありました。

夫婦の家事分担比率、理想と現実

若い年代ほど分担進む。“妻がほぼ家事を担う家庭”、20代は40代の半分

なお、家事分担の進み具合は、若い年代ほど進んでいることが分かりました。

妻が90%以上の家事を分担している、“ほぼ妻が家事を担う家庭”の割合を比較しました。40代は35%、30代は24%、20代は17%と、年代が下がるにつれて減少しています。20代は40代の約半分の割合でした。

夫婦の家事分担比率、現実 <年代別>

若い世代ほど夫婦の家事分担が進んでいることがわかった今回の調査結果。また先日行った、『2018年 共働き夫婦の家事分担調査(インタビュー調査編)』では、夫の家事分担比率が高い家庭では、予め分担についてしっかりと話し合いをしているという結果が明らかになっています。今後、家事についてどのように分担するのか話し合いを持つことも、家事分担を進める1つのポイントとなりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 家事の種類別、主に家事を担っている人
  • 共働き家庭の家事分担に対する考え方
  • 現在の夫婦間の家事分担状況への満足度
  • 家事で最も時間を使うフェーズ/最も負担やストレスを感じるフェーズ
  • 現在行っている、家事分担を減らすための工夫
  • 夫婦のどちらの方が、就業時間が長いか ・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル・翔泳社(共同調査)
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
配偶者と同居し、夫婦ともにフルタイムで働く既婚男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
事前調査における上記条件の出現比率に基づき、性別×年代別で割付/合計1,000サンプル
調査期間
2018年10月17日(水)~2018年10月18日(木)
  • ※ 当調査では、週に40時間以上働いている人をフルタイム就業者と定義しています。
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
過去の調査レポート記事
このタグの他の記事を見る
女性 社会人・働き方 家事・育児 恋愛・結婚 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 2018年 共働き夫婦の家事分担調査(定量調査編)。若い夫婦ほど家事分担が進んでいることが明らかに

To Top