icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う!2018年12月から1カ月をトラッキング

キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う!2018年12月から1カ月をトラッキング

キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う!2018年12月から1カ月をトラッキング
このエントリーをはてなブックマークに追加
「PayPay」の“100億円あげちゃうキャンペーン”を筆頭に、2018年の年末からキャッシュレス決済サービスの大型キャッシュバックキャンペーン等が話題になりました。こういったキャンペーンをきっかけに、キャッシュレス決済サービスに関心を持った人も多そうです。そこで、どのタイミングでどの程度生活者へ浸透していったのかを、大型キャンペーンのあった2018年年末から年始にかけてトラッキングしました。この調査では「リアルタイム調査」というスキームを用い、12月初旬から1カ月に渡り、2~3日に1度の頻度で全15回の調査を実施し、サービス別の浸透度を時系列で比較しています。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 「PayPay」の認知率、2018年12月初旬に急上昇。1週間半で36%から67%に
  • 「PayPay」の認知経路は、1位「テレビCM」、2位「テレビ番組」
  • キャッシュレス決済サービス別の「利用意向」は、各キャンペーンやニュースと顕著に連動

「PayPay」の認知率、2018年12月初旬に急上昇。1週間半で36%から67%に

最初に、主要なキャッシュレス決済サービスの認知率について、時系列で推移を見ていきます。

PayPay」の認知率は、調査を開始した127日に36%でスタートし、その後一気に上昇して19日には67%とピークを迎え、1週間半ほどで1.9倍にまで上昇しました。「LINE Pay」「楽天ペイ」の認知率がほぼ横ばいで推移するなかで、「PayPay」だけが目立つ動きを見せています。これは、調査開始の直前、124日に開始された“100億円あげちゃうキャンペーン”による効果だと言えそうです。

キャッシュレス決済サービスの認知率推移

「PayPay」の認知経路は、1位「テレビCM」、2位「テレビ番組」

認知率が特に大きく上昇していた「PayPay」にフォーカスし、“認知経路”を時系列で確認しました。

“「PayPay」はテレビで知ったという生活者が圧倒的に多く、「テレビCM」、「テレビ番組」が高く推移していました。認知率が上昇中だった1212日は「テレビ番組」が40%に達し、「テレビCM」を一時上回りました。その後、「テレビCM」が伸び続けるのに対し、「テレビ番組」のスコアは徐々に下降し30%前後で推移しています。

「PayPay」の主要な認知経路

キャッシュレス決済サービス別の「利用意向」は、各キャンペーンやニュースと顕著に連動

キャッシュレス決済サービスの“利用意向”はどのように推移したのでしょうか。

PayPay」は、“100億円あげちゃうキャンペーン”が開始から10日間で還元額が100億円に到達して、1213日にキャンペーンが終了したことが話題となった前後の1210日~14日に、利用意向の高さが1度目のピークを迎えました。その後、201919日~11日頃にかけて再度上昇。この時期はキャンペーンのポイントが付与されたタイミングと重なっています。しかしその後、“クレジットカード不正利用”というネガティブなニュースが報じられた時期はスコアが下降しました。また、「楽天ペイ」は、楽天市場の“大感謝祭キャンペーン”の最中である1221日、「LINE pay」も“Payトクキャンペーン”がリリースされた後の1217日にスコアの山が見られました。

サービスの利用意向はこのように、各キャッシュレス決済サービスの関連サービスのリリースやキャンペーン、ニュースの話題性等に連動して、比較的タイムリーにスコアが上下することがわかりました。

キャッシュレス決済サービスの利用意向

2018年の年末から、急激に光が当たったキャッシュレス決済サービスですが、認知率では「PayPay」が圧倒的な伸長を見せました。今後も、「ゆうちょペイ」、「au PAY」など、新しいサービスが提供開始を予定しています。次々にリリースされるサービスが、どのようなプロモーションを行ない、生活者からどう受け止められ、どのように生き残りを計っていくのかが注目されます。

本調査結果のより詳細な分析は、 MarkeZine3月号“データで読み解く”「キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う」に掲載されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • クレジットカード、デビットカード、電子マネーなど各決済方法の利用状況・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル・翔泳社(共同調査)
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20歳~59歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による性別×年代の人口動態割付/1回の調査あたり416サンプル、合計6,240サンプル
調査期間
2018年12月7日(金)~2019年1月11日(金)/2~3日に1度の頻度で全15回実施
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
データのご利用に関して
注意事項
  • 当記事の著作権は、株式会社マクロミルが保有します。
  • 当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社マクロミル調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。また、引用・転載される旨をHoNote編集部までご一報ください。
  • 当記事に掲載された内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
※商用利用について
自社商品・サービスの広告における使用はご遠慮ください。また、営業・販売を目的とした資料や制作物への引用・転載をご希望される場合は、事前に必ずご相談ください。引用されたい調査結果、引用先、引用物の用途を明記のうえHoNote編集部までご連絡をお願いいたします。

免責事項
  • 転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
このタグの他の記事を見る
テクノロジー 経済
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. キャッシュレス決済の浸透をリアルタイムに追う!2018年12月から1カ月をトラッキング

To Top