2019年会社員の夏休み、「有給休暇をつなげて取得を推奨・義務付け」が3割強 【定点調査レポート】

B!
7月に入り、夏休みの予定を具体的に考え始めた方も多いのではないでしょうか。会社員は勤め先の規定によって、お盆の時期と決まっていたり、希望日を個人で申請したりと、夏休みの取得方法や時期は様々。また今年は、大型のゴールデンウィークや、働き方改革による有給休暇の取得義務化など、今までよりも休日が多いという会社員の方もいるのではないでしょうか。休暇をいつ、どのくらい取得するのか、休暇中の消費や過ごし方など、2019年の会社員の夏休みについて調査しました。対象は、全国20~59歳の会社員1,000名です。
TOPICS

会社員の夏休み、タイミングは“お盆”がダントツ。一方で、会社員の5人に1人が“夏休みなし”

全国の会社員に、夏休みの有無と時期について尋ねました。

今年、夏休みがある会社員は80%、夏休みがない会社員は20%で、会社員の5人に1人は“夏休みがない“という状況です。夏休みの時期は、「8月のお盆周辺」がダントツ。いわゆる“お盆休み”がある人が半数強で、他の時期はいずれも1割未満でした。

連休日数は平均「6.5連休」。最多は「9連休」で22%

夏休みがある会社員は、連続して最大で何日間休みを取得する予定なのでしょうか。

最多は「9連休」で22%、続いて「5連休」が16%、「6連休」が11%でした。昨年は、「5連休」が最多、2番目が「9連休」の順だったため、今年は1位と2位が入れ替わり、9連休という長い夏休みのも多いようです。今年の暦から見て、810日から14日の平日に夏季休暇や有休休暇を取得、その前後の土日と合わせて9連休という方が多いのでしょうか。

また、最大連休日数の平均は「6.5連休」となり、昨年よりも0.3日延びました。

●会社員の夏休み連休日数
ベース:夏休みの時期がすでにわかっている人

2018年(n=692

2019年(n=650

1日(連休はない)

2.2%

2.0%

2日

1.0%

3.1%

3日

7.2%

7.4%

4日

9.1%

7.1%

5日

24.9%

16.2%

6日

10.8%

10.8%

7日

7.2%

6.5%

8日

2.9%

6.0%

9日

15.8%

21.7%

10日以上

6.9%

7.9%

連休日数はまだわからない

12.0%

11.5%

連休日数の“理想と現実“の間には1.2日の差。昨年よりも差が縮まる

今年の最大連休日数は平均「6.5連休」という結果でしたが、会社員の皆さんは何連休が理想なのでしょうか?

会社員の皆さんにホンネを尋ねてみたところ、理想は平均「7.7連休」でした。“理想と現実”の間には「1.2日」の差があることがわかります。

理想と現実の差を昨年と今年で比較すると、昨年は「2.2日」だったため、今年は差が縮まったことになりますが、現実が理想に近づいたというよりも、長い連休を理想とする人自体が減っている状況です。

4月からスタートした有給休暇の取得義務化。
“夏休みにつなげて有休取得”が「推奨されている」26%、「義務付けられている」5%

日本では、今年4月から働き方改革関連法が順次適用され、「有給休暇の取得義務化」が開始しています。夏季休暇に有給休暇をつなげて取得することが推奨されている企業もありそうですが、実態はどうでしょうか。

「推奨されている」という人は26%。「義務付けられている」という人もわずかではありますが5%存在しました。合計すると、会社員の3割強が、夏休みと合わせて有給休暇を取得する予定のようです。

夏休みの予算は、平均48,977円。昨年よりも大きく減少

ここで消費について見てみます。会社員は夏休み中に、いくらくらいお金を使う予定なのでしょうか。

夏休みの時期がすでにわかっている人に予算を尋ねた結果、平均は48,977円でした。昨年の58,132円よりも9,155円の大幅減少となっています。今年はゴールデンウィークが大型連休だったこともあり、予算が分散したのかもしれません※1

※1:参考/働く男女1,000人に聞く 2019年ゴールデンウィーク調査

夏休みの過ごし方、1位は「家でゆっくり」49%。その2人に1人が「たっぷりと睡眠をとる」

夏休みの過ごし方については、多い順に「家でゆっくり過ごす」49%、「お出かけ・旅行」46%、「帰省」33%、「墓参り」29%、「家族団らん」27%が上位でした。順位、スコアともに昨年と同様の傾向でした。

家でゆっくり過ごす人に何をして過ごすのか尋ねると、2人に1人が「たっぷりと睡眠をとる(50%)」と回答しました。先日実施した正社員対象の別の調査結果2でも、“プライベート時間が増えたらしたいこと”として「休息・睡眠」がダントツでした。2位以降には、「家族との時間(41%)」、「撮りためたテレビ番組を見る(38%)」、「読書をする(33%)」、「テレビ番組をみる(31%)」などが続きました。

2働き方に関する意識調査(日本・韓国・ドイツ)(2019年4月実施)

会社員の今年の夏休みは9連休の人が最多。そして、夏休みに有給休暇をつなげて取得することが会社から推奨、義務付けられている方が3割強という状況です。昨年よりも平均的にはお休みが長めの今年ですが、過ごし方は昨年と変わらず「家でゆっくり過ごす」が最多で、その過ごし方としては「たっぷりと睡眠をとる」という人が半数にのぼり、日本のビジネスパーソンの休息や睡眠のニーズの高さがうかがえる結果となりました。

B!
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 夏休みの日程が確定する時期
  • 夏休みに予定している「お出かけ・旅行」の内容
  • 「お出かけ・旅行」の行き先を探す際に重視すること・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20歳~59歳の会社員(マクロミルモニタ会員)
割付方法
総務省 平成28年 労働力調査 雇用形態別雇用者数による、 性年代別の正規雇用者の構成比にあわせて割付/合計1,000サンプル
調査時期
2019年6月14日(金)~2019年6月17日(月)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
データのご利用に関して
注意事項
  • 当記事の著作権は、株式会社マクロミルが保有します。
  • 当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社マクロミル調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。また、引用・転載される旨をHoNote事務局までご一報ください。
  • 当記事に掲載された内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
※商用利用について
自社商品・サービスの広告における使用はご遠慮ください。また、営業・販売を目的とした資料や制作物への引用・転載をご希望される場合は、事前に必ずご相談ください。引用されたい調査結果、引用先、引用物の用途を明記のうえHoNote事務局までご連絡をお願いいたします。

免責事項
  • 転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
過去の調査レポート記事
このタグの他の記事を見る
社会人・働き方 記念日・季節
B!