icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

2020年 新成人に関する調査

2020年 新成人に関する調査 ~未来への不安が高まる一方で、グローバル化への意識は向上~

2020年 新成人に関する調査
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年(令和2年)の成人式を目前に、対象となる新成人500名に調査を実施しました。この調査は 2008 年から開始し、今回で13年目の定点調査です。夢や関心事、就職や世の中の潮流に対する考え、SNSやデジタル機器の利用実態、情報感度など幅広く聴取した中から、特徴的だった結果をピックアップしてご紹介します。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 「日本の未来は明るい」31%。昨年より6ポイントダウン
  • 明るいと思う理由は、「オリンピック」「景気回復」「平和」、
    暗いと思う理由は、「少子高齢化」「年金問題」「政治家の不祥事」「外交問題」「オリンピック後の景気後退」「災害」など
  • 国民年金制度を「信頼できる」36%。「信頼できない」は64%で、「受給」に対する不安・不満が多数
  • グローバル化への意識が向上。6割が「国内で外国人と働くこと」に関心あり、「英語で仕事」も5割
  • 所有率1位のデジタル端末は「iPhone」で69%
  • SNS利用率、「Instagram」が躍進し4年で2.7倍に
  • 活躍を期待する2020年新成人ランキング! 1位「永野芽郁」、2位「上白石萌歌」、3位 「清宮幸太郎」

「日本の未来は明るい」31%。昨年より6ポイントダウン

今年の新成人は、日本の未来の明暗についてどのように予想しているのでしょうか。

日本の未来は明るいと思う人は、「明るいと思う(2%)」と「どちらかといえば、明るいと思う(29%)」を合計し31%で、昨年よりも6ポイント減となりました。明るいと思う人の割合を過去の調査データで振り返ると、2014年に大きな上昇の山、そして2019年に小さな上昇の山が見られます。2つの年の共通点として、“消費税率の引き上げ”が挙げられます。2014年は4月に実施された8%増税前の調査で、前年よりも22ポイントと大きく上昇し翌年に下降、2019年は10月に実施された10%増税前の調査で、徐々に復調していたスコアが今年下降しました。

日本の未来は明るいと思う

明るいと思う理由は、「オリンピック」「景気回復」「平和」、
暗いと思う理由は、「少子高齢化」「年金問題」「政治家の不祥事」「外交問題」「オリンピック後の景気後退」「災害」など

日本の未来の明暗について、それぞれの回答理由を自由回答で尋ねました。多く挙げられた回答についてキーワードをピックアップすると、明るいと思う理由は「オリンピック」、「景気回復」、「平和」、「働き方改革」、「多様性の受容」など、一方、暗いと思う理由では「少子高齢化」、「年金問題」、「政治家の不祥事」、「外交問題」、「オリンピック後の景気後退」、「災害」などが挙げられました。

国民年金制度を「信頼できる」36%。「信頼できない」は64%で、「受給」に対する不安・不満が多数

国民年金制度に対する信頼度はどの程度かみていきます。

信頼できるという人は、「信頼できる(3%)」と「どちらかといえば、信頼できる(33%)」を合計し36%で、昨年まで上昇傾向にありましたが今年は6ポイント減となりました。「信頼できない」という人の方が引き続き多数派であることは変わらず、その理由としては、「金額が減る・貰えない」といった受給に対する不安・不満が圧倒的で、「老後2,000万円問題」を理由に挙げる人も見られました。

国民年金制度を信頼できる

グローバル化への意識が向上。6割が「国内で外国人と働くこと」に関心あり、「英語で仕事」も5割

近年の社会潮流とオリンピックの東京開催も相まって、グローバル化の波が激しく押し寄せていますが、新成人は、外国語や外国人との仕事についてどのような意識を持っているのでしょうか。

「外国語習得」に関心がある人は67%、「仕事で英語を使うこと」に関心がある人は49%で、いずれも年々増加しています。また、「外国人と日本国内で働くこと」に関心がある人も58%で、新成人の半数以上が該当しました。これらを裏付けるかのように、「英語に不安がある」という人は年々減少しています。このように、外国語(英語)、外国人とのコミュニケーションに関心を持つ人は年々増加し、グローバル化への意識は向上しています。

※「外国語習得」・「仕事で英語を使うこと」・「外国人と日本国内で働くこと」は、いずれも「関心がある」と「やや関心がある」の合計。また、「英語に不安がある」は、「あてはまる」と「ややあてはまる」の合計

外国語習得や外国語での仕事に対する意識

所有率1位のデジタル端末は「iPhone」で69%

新成人のデジタル端末の所有状況において特徴的な点を見ていきます。

今年、新成人が所有するデジタル端末の1位は「iPhone」で69%でした。2013年から所有率が上昇し続けています。スマートフォンの観点で見ると、2016年に「iPhone」と「Android」が逆転し、以降その差は年々広がっています。また、「iPhone」以外のデジタル端末の所有率は、おおむね下降傾向にあります。

デジタル端末所有率

SNS利用率、「Instagram」が躍進し4年で2.7倍に

新成人のSNSの利用率は、1位が「LINE」で96%、2位は「Twitter80%、3位は「Instagram67%で、昨年の順位と変動はありませんでした。上昇率でダントツなのは3位の「Instagram」です。2016年と比較すると、4年で2.7倍まで利用が進みました。

なお、2018年の流行語大賞にノミネートされた「TikTok」は12%で、昨年とほぼ横ばいでした。

SNS利用率

活躍を期待する2020年新成人ランキング! 1位「永野芽郁」、2位「上白石萌歌」、3位 「清宮幸太郎」

最後に、活躍を期待する2020年新成人ランキングをご紹介します。20201月に成人式を迎える同い年の著名人のうち、今後の活躍を期待・応援している人を尋ねました。ここではトップ5を発表します。1位は女優・モデルの「永野芽郁」さんで38%、2位は女優の「上白石萌歌」さんで24%、3位はプロ野球選手の「清宮幸太郎」さんで21%でした。(3位~5位は以下の表の通り)

※HoNote編集部にて選定した29名の著名人を選択肢として用意。今後の活躍を期待・応援する人を複数回答で聴取

活躍を期待する2020年新成人ランキング トップ5

ベース:新成人(n=500)/複数回答

1位

永野芽郁/女優・モデル

37.6%

2位

上白石萌歌/女優

24.0%

3位

清宮幸太郎/プロ野球選手(北海道日本ハムファイターズ)

20.6%

4位

山下美月/アイドル(乃木坂46

14.8%

5位

高橋海人/アイドル(King & Prince
マリウス葉/アイドル(Sexy Zone

14.0%

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 関心を持っている政治・経済・社会のニュース
  • 政治・選挙・経済・外交への関心
  • 理想の大人はいるか
  • 20歳になって(なったら)嬉しいと思うこと
  • 将来就きたいと思う職業 ・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
2020年(令和2年)成人式の参加対象となる、全国の平成11~12年生まれの男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
男性250サンプル、女性250サンプル(合計500サンプル)
調査期間
2019年12月16日(月)~2019年12月17日(火)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
データのご利用に関して
注意事項
  • 当記事の著作権は、株式会社マクロミルが保有します。
  • 当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社マクロミル調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。また、引用・転載される旨をHoNote事務局までご一報ください。
  • 当記事に掲載された内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
※商用利用について
自社商品・サービスの広告における使用はご遠慮ください。また、営業・販売を目的とした資料や制作物への引用・転載をご希望される場合は、事前に必ずご相談ください。引用されたい調査結果、引用先、引用物の用途を明記のうえHoNote事務局までご連絡をお願いいたします。
※データ集計依頼ついて
無償での集計対応は終了しましたので、担当営業へご相談ください。なお担当営業がご不明の際は、HoNote事務局までお問い合わせをお願いいたします。
※記事内容チェック依頼について
記事内容チェックの対応はいたしませんのでご遠慮ください。

免責事項
  • 転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
過去の調査レポート記事
このタグの他の記事を見る
若者 記念日・季節 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 2020年 新成人に関する調査 ~未来への不安が高まる一方で、グローバル化への意識は向上~

To Top