icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

コロナ禍で変化する食生活や、さらに高まる健康への意識 ~全国2,000人調査~

コロナ禍で変化する食生活や、さらに高まる健康への意識 ~全国2,000人調査~

コロナ禍で変化する食生活や、さらに高まる健康への意識 ~全国2,000人調査~
このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの影響で外出の自粛や飲食店の休業が続き、生活行動が大きく変化した人も多い中、生活者の食生活や健康はどのように変化したのでしょうか。また、緊急事態宣言が解除され、政府が「新しい生活様式」を公表し、今までとは異なる生活パターンが推奨される中、今後の食生活や健康についてはどのように考えているのでしょうか。20~60代の男女2,000人に調査しました。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 緊急事態宣言の4月以降、自宅での食事頻度は若い年代ほど増加。20代では67%が「増加した」
  • 料理頻度も4月以降増加。増加した人のうち75%は、今後も頻度を維持
  • 4月以降の利用率、「フードデリバリー」22%、「テイクアウト」58%。いずれの利用理由も、“外出・外食を控えていた” “準備が面倒”が上位だが、「テイクアウト」は“美味しさ”や“バリエーション”の充実も理由に
  • 自宅での食事で重視することは、「栄養バランスの良さ」が1位
  • 緊急事態宣言の解除後、健康意識がさらに高まった人は43%。「こまめな手洗い・うがい」や「食事」「睡眠」「運動」が上位

緊急事態宣言の4月以降、自宅での食事頻度は若い年代ほど増加。20代では67%が「増加した」

緊急事態宣言によって不要不急の外出自粛となった20204月以降、自宅における食事の頻度は、それ以前に比べてどう変化したのでしょうか。

「かなり増えた」は23%、「やや増えた」は32%で、合計すると半数以上の人が、自宅での食事が増えたことがわかります。年代別に比較すると、若い世代の方が「増えた」と回答した人の割合が顕著に高く、20代では「かなり増えた」「やや増えた」の合計が67%にのぼっています。

2020年4月以降、それ以前と比較した、自宅における食事頻度の増減/年代別

料理頻度も4月以降増加。増加した人のうち75%は、今後も頻度を維持

自宅での料理の頻度も、全年代で上がっています。

自宅での料理をご自身がメインで行っている人へ頻度の増減を尋ねると、全体の57%が増えた1と回答しました。2040代で、特に頻度が高まっています。また、今後の料理頻度が「もっと増えると思う」が10%、「今後も、現在と同じくらいの頻度で料理をしていくと思う」については75%にのぼり、「減ると思う」は15%に留まりました。緊急事態宣言が解除され、飲食店の営業再開も進む中、自粛中に料理頻度が増えた人の大半が、今後もその頻度を維持していくと考えています。

1:「かなり増えた(22.1%)」と「やや増えた(27.8%)」の合計

2020年4月以降、それ以前と比較した、料理頻度の増減

4月以降の利用率、「フードデリバリー」22%、「テイクアウト」58%。いずれの利用理由も、“外出・外食を控えていた” “準備が面倒”が上位だが、「テイクアウト」は“美味しさ”や“バリエーション”の充実も理由に

では、20204月以降の「フードデリバリー」と「テイクアウト」の利用状況についてはどうでしょうか。

「フードデリバリー」の利用率は22%で、Uber Eats等の普及が進む「東京都」だけに絞ってみると利用率は31%で、全国よりも9ポイント高くなっています。利用した理由の上位は、「外食を控えていたから(44%)」「食事の準備が面倒だったから(40%)」「外出ができなかったから(30%)」「外出が面倒だったから(28%)」「クーポン・割引券があったから(21%)」でした。

「テイクアウト」の利用率は58%で、2人に1人以上が4月以降に利用したことになります。「テイクアウト」を利用した理由の上位は、「食事の準備が面倒だったから(46.8%)」「外食を控えていたから(41%)」「すぐに食べたいメニューがあったから(23%)」「自宅での食事にバリエーションが欲しかったから(19%)」「外出ができなかったから(17%)」となっています。

「フードデリバリー」「テイクアウト」ともに、外出や外食を控えていたことが利用理由の上位ですが、「テイクアウト」の利用では、美味しさやバリエーションといった、自宅での食事をより充実させたいといった場合に利用されているようです。

2020年4月以降の、「フードデリバリー」と「テイクアウト」の利用状況

自宅での食事で重視することは、「栄養バランスの良さ」が1位

緊急事態宣言が出た4月以降、自宅での食事では何が重視されているのでしょうか。

1位は「栄養バランスの良さ」52%で、健康面を気にされている人が多いことがわかりました。続いて2位が「料理や食事の準備の手軽さ」で50%、3位が「美味しさ」で47%でした。一方、数年前からテレビなどでも“SNS映え”が話題ですが、「彩りや盛り付け等の見栄え」を重視する人は8%、「SNSで映えること」を重視する人はわずか1%でした。自粛中の自宅での食事は“見栄えよりも、健康を重視“という方が多かったようです。

2:グラフは上位7位までを表示。全ランキングはグラフ集をダウンロードするとご確認いただけます。

2020年4月以降、自宅における食事で重視していること 上位7位

緊急事態宣言の解除後、健康意識がさらに高まった人は43%。「こまめな手洗い・うがい」や「食事」「睡眠」「運動」が上位

現在の健康に対する意識について、緊急事態宣言が出ていた4月上旬から5月下旬までと比較してもらったところ、緊急事態宣言中よりもさらに高まっている人が433、変わらない人が55%でした。緊急事態宣言が解除されたからといって健康意識が低下した人はほとんどおらず、むしろ高まっている人や変わらない人が多いことがわかりました。

健康意識が高まっている人に、どのような取り組みをしているかうかがうと、最多が「こまめな手洗い・うがい」(69%)で、続いて健康において基本となる「食事」「睡眠」「運動」が続きました。また、「免疫力を高める食事を心がけている」(35%)という人に、具体的な食事内容を自由回答で尋ねました。抜粋してご紹介します。

3:「かなり高まっている(11.9%)」と「少し高まっている(30.6%)」の合計

緊急事態宣言”解除後”の健康意識
緊急事態宣言解除後に健康意識が高まった人が取り組んでいること 上位7位

免疫力を高める食事を心がけている人が、具体的に取り組んでいること

ベース:「免疫力を高める食事を心がけている」と回答した人(n=299)/自由回答より抜粋

  • グルタミンを飲むようになった。また、プロテインを一緒に飲んでタンパク質をとるようにして、少しでも免疫力をつける工夫している。(女性27歳)
  • とろろ芋、納豆は毎日食べています。アルコールは免疫を下げると聞いたので、コロナが流行り始めてからは飲んでいません。油っこい料理は体に負担がかかり、体調を崩しやすくなりそうだと思ったので控えています。(女性31歳)
  • 「まごわやさしい」を合言葉にバランス良い食事を心がけています。「ま」は豆、「ご」はごま、「わ」はわかめ等海藻類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はしいたけ等きのこ、「い」は芋です。これを覚えてからは、おかず作りで悩むことも少なくなりました。(女性34歳)
  • アミノ酸を多く摂取してにんにくや生姜で体温を高めにするよう目指している。(男性47歳)
  • シイタケが免疫を高めると知り、乾燥シイタケの粉末を購入して自宅で食べるあらゆる食事に加えて食べています。効果はまだわかりません。(男性51歳)
  • おからパウダーやヨーグルト、納豆等発酵食品を積極的にとる。野菜をたくさん食べる。(女性54歳)
  • サプリメントや発酵食品を摂取している。(女性56歳)
  • 季節の野菜を多くとる。果物は欠かさない。乳酸菌を取るために、ぬか床を作った。冷蔵庫を買い替えて食品保存などの見直しをする機会を作った。(女性56歳)
  • にんにく、納豆、抗酸化作用のある物をとる。(女性62歳)
  • 冷たいものを飲まないようにする。体を冷やさない。(男性66歳)
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 1週間あたりの、自宅における食事の平均回数(2020年1~3月~と4~6月比較)
  • 2020年4月以降の「フードデリバリー」と「テイクアウト」の利用回数、利用金額
  • 2020年4月以降に「テイクアウト」を利用した理由
  • 2020年4月以降の健康・生活状況・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査対象
全国20~69歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法
平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計2,000サンプル
調査期間
2020年6月15日(月)~2020年6月16日(火)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
データのご利用に関して
注意事項
  • 当記事の著作権は、株式会社マクロミルが保有します。
  • 当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社マクロミル調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。また、引用・転載される旨をHoNote事務局までご一報ください。
  • 当記事に掲載された内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
※商用利用について
自社商品・サービスの広告における使用はご遠慮ください。また、営業・販売を目的とした資料や制作物への引用・転載をご希望される場合は、事前に必ずご相談ください。引用されたい調査結果、引用先、引用物の用途を明記のうえHoNote事務局までご連絡をお願いいたします。

免責事項
  • 転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
このタグの他の記事を見る
社会 健康
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. コロナ禍で変化する食生活や、さらに高まる健康への意識 ~全国2,000人調査~

To Top