icon_searchcommon_stripe_bgicon_loadingcommon_menuTitle_bg_leftcommon_menuTitle_bg_righticon_related_linkarrow_up_lineabout_bgarrow_down_linearrow_downarrow_right_linearrow_rightarrow_upicon_advertisementicon_closeicon_distributionicon_downloadicon_educationicon_electronicsicon_financeicon_foodicon_information-and-communicationicon_link_blankicon_listicon_mailicon_necessitiesicon_new_articleicon_overseasicon_questionicon_real-estateicon_related_articleicon_societyicon_timepost_heading_third_bgsidebar_notification_bg_spsidebar_notification_bgsns_facebooksns_feedlysns_twittertagline_bgthumbnail_new_bg
シェア
Share
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の
データグラフ集を
無料ダウンロード

「美活男子」は20代以下の若年層が中心。仕事もプライベートも自分にとって必要なものは自分で取りに行き、自らをプロデュース。

「美活男子」は20代以下の若年層が中心。仕事もプライベートも自分にとって必要なものは自分で取りに行き、自らをプロデュース。

「美活男子」は20代以下の若年層が中心。仕事もプライベートも自分にとって必要なものは自分で取りに行き、自らをプロデュース。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月にマクロミルが自主調査「美活男子プロファイル分析」を実施してから約5年が経過しましたが、男性の美容に関する市場は年々拡大傾向にあり、その間に次々と新しいメンズコスメブランドが誕生しています。また、世界的にジェンダーレスの意識が高まる傾向で、男性が化粧をしたり外見の美しさを求めたりすることは、身だしなみやおしゃれの一環として一般的に受け入れられつつある状況です。
今回の調査では、美容院やエステ、散髪、ネイルなどに行く頻度が1か月に2回以上で、何らかの男性スキンケア用品を保有している男性を「美活男子」と定義し、この「美活男子」がどのようなライフスタイルを送っているのかを分析するとともに、5年前の分析結果と比較して、どのような部分が変化したのかを明らかにしていきます。
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
TOPICS
  • 好きなことに投資し、悠々自適に暮らす未婚若者層
  • お金と時間を掛けて、今の自分に最適なものを取り入れる
  • 仕事もプライベートも理想を目指してセルフプロデュース
  • 余裕ができ、周囲を気にせず自分の好きなものを追求

好きなことに投資し、悠々自適に暮らす未婚若者層

美活男子の特徴は20代以下の若年の未婚層が中心。職業は「企画/事務系」「営業職」で、業種としては「サービス」「メーカー」が中心。男性全体と比較すると「教員」「クリエイティブ系」の職に就いている割合が若干多く、逆に「販売/サービス系」「公務員等」の職に就いている割合が低めの傾向でした。
また、美活男子は家事家電商品やデジタル家電、通信関連機器の保有率は高く、国内旅行や海外旅行、ショッピングを趣味として挙げる人が多く、意識面でも「流行やトレンドに敏感で先進性が高いものに惹かれやすく、一度はまるとのめりこみやすい」という傾向でした。

男性全体と美活男子の職種(※有識者のみ)上位10比較
男性全体と美活男子の趣味上位10比較

お金と時間を掛けて、今の自分に最適なものを取り入れる

美活男子の収入は男性全体と比較して高く、3割弱が世帯年収1,000万円以上となっており、1か月に自由に使える金額が10万円以上の人も3割弱。貯蓄も9割弱がおこなっており、そのうち4割弱が毎月5万円以上を貯蓄と、生活は比較的余裕があるのではないかと思います。

男性全体と美活男子の世帯年収比較
男性全体と美活男子の1ヶ月に自由に使える金額比較
男性全体と美活男子の1ヶ月の貯蓄額比較

また、健康上についてみると、「肌の乾燥」や「ニキビや吹き出物、肌荒れ」の悩みを抱えている人が多いため「フェイシャルペーパー」でケアしたり、その他、「制汗剤」や「デンタルリンス・洗口液」で身だしなみを整えたりするなど、頭髪、肌、体型、匂いなど全身にも気を遣っていることがわかります。

男性全体と美活男子の身だしなみ・ケアに関する商品・サービス上位10比較

仕事もプライベートも理想を目指してセルフプロデュース

美活男子は副業を行っている人も3割強と多く、「今後してみたい」と考えている人を合わせると5割近くと副業については前向きな思考で、本業以外でも自分自身の能力を発揮していることがうかがえます。SNSを「自分の仕事・ビジネスに関係する情報を投稿する」「仕事仲間やビジネス上のつながりの人とのコミュニケーションをとる」ことを目的として利用している人も多く、積極的に自分をアピールしていることがうかがえます。

男性全体と美活男子のSNSの利用目的上位10比較

生き方価値観をみても、「自らを磨くための投資は必要」「他人が知らなくても、自分がいいと思うものを選びたい」という意識は強くもっており、自らがもつ理想を目指して日々努力していることがうかがえます。

男性全体と美活男子の生き方価値観上位10比較

余裕ができ、周囲を気にせず自分の好きなものを追求

2015年調査時と比較すると、平均年齢は37.4歳から38.9歳に上がり、平均世帯年収は平均822万円から平均837万円に、平均お小遣いは7.41万円から8.16万円にアップしており、余裕がある生活を送ることができていることがうかがえます。
美活に欠かせないコスメについてみると、購入頻度は低下したものの購入金額は増加しており、お気に入りのファッションは「キレイめ」から「大人カジュアル」に変化。美容に関する情報収集源については「雑誌」だけでなく「口コミ」も活用しており、必要な情報は自分から取りに行っている様子です。

2015年との比較

 

 

■■ ご案内 ■■

「ブランドデータバンク」とは、マクロミルモニタのうち約3万人にブランド・メディア・価値観など約200項目におよぶ持ち物・嗜好に関してインターネット調査を行い、その結果をデータベースとして提供しているサービスです。多彩なデータを横断的に分析することで、ターゲットユーザーのライフスタイルをペルソナ化し、社会のマーケティングアクションにご活用いただけます。

詳しくはこちらから>>

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のデータグラフ集を
無料ダウンロード
この記事のデータグラフ集を無料ダウンロード
ダウンロード限定で以下のグラフも見られます
  • 飼っているペットの種類
  • 自宅で所有している理美容・健康家電
  • 自分でするスポーツ
  • 保有している金融資産・不動産資産・・・など
調査概要
調査主体
マクロミル
調査方法
インターネットリサーチ
調査タイトル
ブランドデータバンク 第30期調査(ブランドに関するアンケート)
調査対象
全国15歳~69歳の男女(マクロミルリサーチパネル)
割付方法
10代:調査対象の出現比率に基づき、男女×年齢(15~19歳)で割付
20代~60代:平成27年国勢調査による、性別×年代(10歳刻み)の人口動態割付
総サンプル数
n=31,387
調査期間
2019年12月20日(金)~2019年12月30日(月)
  • ※ 本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
  • ※ 百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
データのご利用に関して
注意事項
  • 当記事の著作権は、株式会社マクロミルが保有します。
  • 当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社マクロミル ブランドデータバンク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。また、引用・転載される旨をHoNote事務局までご一報ください。
  • 当記事に掲載された内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
※商用利用について
自社商品・サービスの広告における使用はご遠慮ください。また、営業・販売を目的とした資料や制作物への引用・転載をご希望される場合は、事前に必ずご相談ください。引用されたい調査結果、引用先、引用物の用途を明記のうえHoNote事務局までご連絡をお願いいたします。
※データ集計依頼ついて
無償での集計対応は終了しましたので、担当営業へご相談ください。なお担当営業がご不明の際は、HoNote事務局までお問い合わせをお願いいたします。
※記事内容チェック依頼について
記事内容チェックの対応はいたしませんのでご遠慮ください。

免責事項
  • 転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。
このタグの他の記事を見る
男性 若者
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. TOP
  2. >
  3. 調査レポート
  4. >
  5. 「美活男子」は20代以下の若年層が中心。仕事もプライベートも自分にとって必要なものは自分で取りに行き、自らをプロデュース。

To Top